読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなんつづり

心穏やかな暮らしを目指しながら自由に綴っています

ブログの読み手に違和感を与える言葉


 

文字で表現するって難しいなぁと思います。

公開した記事をあとで読み返すと「こんな記事だったのか!」とガッカリしたり。

反省と挑戦の繰り返し。そんな時、使うべきか迷う言葉があります。

 

 

 

f:id:otonann:20161218145149j:plain

 

 

 

ブログは短編小説!?

 

人を納得させたり共感を得たり出来る文章が書ける人ってすごいなぁと思うんです。

 

そういう人の文章は、画像や見出しはどうでもいい。

文章の飾りは関係ない。

一気にひきこまれてしまうんですよね。。。

 

 

・・・実は私、長編小説の読書が苦手です。

書くのも読むのも苦手。

長編でも第何章って読み切りストーリーなら読める。

ちょっとしたコラムや短編小説なら一気に読めるんです。

 

 

 

なぜ長編を最後まで読めないのか自己分析したところ・・・

小説と現実の世界を往復する事が嫌だからかなと。

いったんその世界に入ったら、自分のペースで突き進みたい。

 

どんな世界だったか思い出してから続きを読むのが嫌。

映画の途中で、関係のないCMが入った時の邪魔された感が嫌。

 

・・・わがままですねーっ!

 

 

 

そんな私なので、文章を読んでいない方だと思います。

どういうわけかブログを書くことは大好き。

ブログは、少ない文字数で伝えたい言葉を凝縮するように思うんです。

だから書きたいと思うのかもしれません。

 

 

読者の受け方はそれぞれ

 

色々な方のブログを読ませていただくと、書き方って色々で。

良くも悪くも想像と違う時があります。

 

違うからダメだというわけじゃないんですよ。

同じ言葉でも受け方は色々。納得する人もいれば、批判する人もいる。

だから一概に言えないんですが・・・

 

違和感がある言葉が2つ。

 

 

 

・「いかがだっただろうか」or「いかがでしたか」

・「まとめ」

 

この2つが気になる。。。

自分でも時々使うんですが、しっくりこないんですよ。

 

 

違和感ワードその1「いかがだっただろうか」or「いかがでしたか」

 

これが書いてあると、ガッカリする事が多いんです。

 

おおいに満足したときにそう言われると、両手で握手したい気持ち。

すんごい納得したよぉ!ありがとう~!って。

そうじゃない時は、もうその先を読みたくなくなる。

 

 

なぜそう思うのか考えてみたんですよ。

たぶん上から言われてる気がするんじゃないかなと。

 

「いかがでしたか」は優しい言い方だから、違和感は小さい。

だけど「いかがだっただろうか」と書かれるとガッカリする。

 

 

 

例えて言うならば・・・

美人に「私、綺麗でしょ。あなたどう思う?」と言われたような。

言いたい事は分かる。

だけどそう言われちゃうと「綺麗だよ」とは言いたくない。

 

この時、もし恋に落ちていたら何度でも「綺麗だよ」と言うんだと思います。

要するに文章に惚れ惚れしている時ですね。

そうじゃなかったら一気に冷めてしまう。

 

 

 

感想を述べることを強制されたくないという、私のわがままかも。

ちょっとした事なんですけどね。

 

だからといって、この言葉を使うなって事じゃないです。

好きに書けばいいしそれが個性。

その言葉を使ってる人も、そこまで考えてないと思います。

記事のシメとして使ってるんだと。

 

 

個人的に、ちょっと気になると思っているだけ。

言葉って難しい~。

 

 

違和感ワードその2「まとめ」

 

これは、本文中に見出しがあるときの最後によく使われる。

ブログを訪問していてもよく目にしますよね。

 

私の場合、最後は「まとめ」られずに困る時があるんです。

なんとなく書き始めたときは特に。

だから「最後に」と書いて、なんとなくシメてる。

 

 

 

そこで、ながーーーい記事を書かれた方のブログを読んでみました。

ながーーーいんですが、スラスラと最後まで読んでしまった。

なぜ読めたのか読み返してみました。

 

すると、見出しごとに最後に「まとめ」と書いて箇条書きしてあったんです。

なるほど~っ!て思いましたね。

言いたい事は、最後に簡単にまとめると分かりやすい。

 

 

 

つらつら書いても、何が言いたいのか最後にビシッと書く。

まとまってないから「まとめ」と書くと違和感があるんだなと反省。

 

そういう文章を書けたらいいなと思います。

 

 

最後に

 

読み手に違和感があっても、おもいのたけをぶつけた文章って憧れます。

私はどうも「型」にはめて書いてしまう傾向があるんです。

今回は少し勇気を出して書いてみました。

 

 

起承転結がめちゃめちゃでもいい。

「いかがだっただろうか」が連呼してあっても心に響けばいい。

「まとめ」が無くたっていい。

 

(じゃぁなんでこの記事書いたんだ!

・・・と言われる前に自分で突っ込みしておく)

 

 

 

本音で、わーっと書いてある人のブログが好き。

いつか思いっきり書いて、人に伝わる記事を書きたいなと思います。 

 

 

 

ここまで読んでくださってありがとう。

 

オトナンでした。

ではまた (╭ರᴥ•́)