おとなんつづり

ほっと一息、大人世代あれこれ。心豊かな暮らしを目指しています。

悪くないのに「すいません」と謝る癖を直そう。心豊かに生きる魔法の言葉。


よく立ち寄る定食屋さんがあります。年配の女性店員さんが対応してくれるんですが、何でも「すいません」と付け足す癖があって、ちょっと不快になってしまうのです。他の店員さんの対応を見ていると同じように使っています。もしかしから、言葉や態度って伝わっちゃうのかなと思いました。

 

 

何でも「すいません」を付ける来る店員さん

 

もう接客中、ずーっと言葉の先頭に「すいません」が付きます。

 

すいません、今お席をご用意いたします

すいません、こちらのメニューをどうぞ

すいません、ご注文を繰り返させていただきます

すいません、お熱いのでお気をつけくださいませ

すいません、1000円お預かりいたします

 

 

 

ここまで来るともう口癖だと思います。

 

身振り手振りは腰が低くて穏やかなんですよ。勿体ないと思うのです。いくら丁寧な接客でも居心地が悪くなってしまうんですよね。「ありがとうございます」に変える接客をしたら、お店も活気ずくと思うんだけどなぁ。

ただし、乱用をせずに感謝の気持ちを伝えたいときに「ありがとう」を使う。

 

ご来店ありがとうございます、今お席をご用意いたします

こちらのメニューをどうぞ

ご注文を繰り返させていただきます

お熱いのでお気をつけくださいませ

ありがとうございます、1000円お預かりいたします

 

 

さっきと同じ言葉でも、全く受け方が違うと思うのです。

 

言いだしそうになったら、ぐっと飲みこんで笑顔を作ってから話すと良いんじゃないかな。接客教育をしている場合は、「すいませんの乱用」をしていないかもチェックして欲しいなぁと思ったのでした。

 

すぐに謝ってしまう心理

 

これは会社でも見かける光景ですよね。

何でもかんでも「すいません」「ごめんなさい」って言ってしまう癖。そういう私も気を抜くとつい「すいません」と言っている事があって、ハッとする事があります。

 

上司のイライラを静めさせるために、とっさに使ってしまったけれど、あれ・・・私謝るような事してないよねと冷静になったりします。

英語で言うのなら「excuse me」と「sorry」の使い分けが出来てないというところでしょうか。英語に詳しくないんだけども、そんなイメージかなぁって。

 

この言葉を使う心理としては、防御線をはっちゃってるんじゃないかなと思うのです。

とりあえず使っておけば自分にダメージがないし、相手も静かになるだろうという、一種の「逃げ」ではないかと思います。

 

 

ありがとうと言える人

f:id:otonann:20170602112311j:plain

 

 

そういえば、居酒屋さんで「喜んで~!」と感謝の言葉を大声で付け加える店ありますよね。そう叫ぶ店員さんの表情は明るくて、キビキビしています。そんな姿をみるのは気持ちがいいものです。

 

そんな感じで・・・

すいませんと言うときは大抵表情が暗いけど、ありがとうなどと感謝の言葉を言うときは笑顔が多いですよね。だから、何かの言葉の先頭にいつも「すいません」がついていると、その後の言葉も気持ちも全部暗いものになってしまう。

 

 

 

先ほどの店員さんの表情はやっぱり下向きでした。すいませんと言うときの表情になっちゃってるのです。これはその姿を見る側も暗くなります。

気が付かないうちに、謝ってばかりの下向きな生き方にしているのです。

 

「ありがとう」という感謝の言葉に変えれば、自分だけでなく、関わる周囲も心豊かになるんじゃないでしょうか。

 

 

 

姉の嫁ぎ先で、100歳のおばあちゃんを見舞ったとき驚いたことがあるんですよ。

ベッドの上で上半身起きていました。ほっぺた艶々ピンク色。アンパンマンみたいに福々しい感じで、手は何かお手玉か何かしているように空中で遊んでいて。

ニコニコしながら何やら歌を歌っていたんですよ。

 

わたしは○○○(名前)です~♪

いつも○○ありがとねぇ~♪

きょうも楽しい○○ね~♪

ありがとね~♪

 

って、自作の歌詞とメロディーで幸せそうに。声は呟くようで小さいですよ。

ところどころに「ありがとねぇ」という言葉を散りばめていました。

たぶん、このおばあちゃんの口癖なんでしょう。その後バナナを丸ごと1本歯ぐきだけで、むしゃむしゃと食べ終えてまた歌いだす。

 

 

わたしは○○○(名前)です~♪

いつも○○ありがとねぇ~♪

きょうも美味しい○○ね~♪

ありがとね~♪

 

 

バナナを食べ終わってもニコニコしてます。

もう頬っぺた光っちゃって、肌もきめ細かくて、私よりも健康なんじゃないかと思うくらい。100歳でバナナをひとりで掴んで、丸ごと1本食べきってしまうのも驚きますけども。

 

姉に聞いてみたら、いつもそんな感じ歌っているそうで、私のことはよく見えてないそうです。でも本人はとっても幸せそう。

その姿、その歌い方、とっても心がほっこりしたんですよね。

 

「ありがとう」は感謝の言葉だけど、自分も周囲も幸せにするんだなぁと思った瞬間でした。

 

 

「ありがとう」と言うだけでプラスの空気に変わる

 

実は接客を受けて、嫌な気持ちになってしまう言葉がもう1つあるのです。

 

ポイントカードを持っているか聞かれて、持ってないと答えると「失礼いたしました」という言葉。あれがものすごく嫌なのです~!

 

だって私失礼なことなんてしてない。持ちたくないから持ってないだけなのに。 

聞かれると、あぁまた「失礼いたしました」って言われるんだろうなぁと思う。笑顔で言われてもなぜか嫌な気持ちになってしまうんですよね。

 

さようでございますかとか、承知いたしましたとか、なんかこう別の言葉でいいと思うけどなぁ~。ほんとに嫌で。

 

悪くないのに謝る、失礼じゃないのに失礼した等と言いそうになったら、感謝の言葉に置き換えればプラスの連鎖が起こるように思います。

「ありがとう」と言うだけでホントに良いことが起こるんですよ。これ、不思議なんですけどね。

 

 

 

私もうっかり、悪くないのに謝ってしまうことがあるので、この店員さんを通して気づかせてもらったのかもしれません。

 

私が100歳になったら(私は100歳まで生きたい!)・・・

私はオトナンです~♪

いつも楽しいありがとねぇ~♪

などと言いながら、キーボードを空中で打つようなおばあちゃんになりたい。

 

言霊は大事に使いたいですね。