おとなんつづり

オトナになっても純粋に心豊かに。自由な視点で綴ります。

納豆とご飯をパッケージの中で混ぜたいと思った事ありませんか。


納豆って、今は色んなパッケージがありますね。

お豆の大きさや種類にもよるでしょうし、工場ラインで作りやすい形もあるんだと思うですが・・・もうひと工夫したら、もっと多くの方が楽しめると思うんです。

 

納豆は身体に嬉しい成分がたっぷり!でも食器が・・・。

 

納豆ってどうやって頂いてますか?

パッケージの中でぐるぐる混ぜて、白いご飯に乗せているでしょうか。それとも深い器に納豆を開けて、薬味と一緒に食卓へ出していますか?

 

どちらにしても、食器にあのネバネバがつきますね。

私は、納豆とご飯をパッケージの中で混ぜられたらいいのに!と思う事があったんです。

今は何とも思わずに洗っていますが、忙しかった数年前は苦痛でした。食事の支度をするのが精一杯で、食器を洗うエネルギーは微々たるもの。

 

なにが嫌って、あの糸を引く泡・・・。

人って疲れていると、些細な事も辛く思うものですね。今思えば、どうってことないのに。私のようなズボラな女性は少ないかもしれないけど・・・。

 

もう少しパッケージを少し深くしてもらって、そこに白米を投入したい。そうしたらネバネバを洗わずに済みます。小さなお椀型にしたら嬉しい人も多いんじゃないでしょうか。

 

 

小さなお椀型パッケージでもっと手軽に。

 

本当は陶器に移して、食卓に置くのが理想的。

 

だけど・・・。

先程の私のように、糸を引いた食器を洗うのに苦痛を感じる、又は時間が無い!という方もいらっしゃると思うんですよ。

 

家事が苦手な一人暮らしの男性や、手に力を入れづらいご年配の方、忙しいママや共働き夫婦など。お洒落さより、使い勝手を取りたいって時もある。

 

常識を破って、パッケージの中にご飯を入れちゃうスタイルもあって良いんじゃないでしょうか。素材はそのままで形を変える。小さなお椀型にしたらいけるんじゃない?

 

 

▼こんなイメージに。上にフィルムをかける。

f:id:otonann:20170731170300p:plain

 

これじゃコストかかりますね・・・

 

▼こんな風に重ねて、小分けになっていても良いかもしれない

 

f:id:otonann:20170731172010p:plain

 

ちょっとゴミが出てしまうかな~

パッケージそのものを小さくして、一握りのご飯が入るくらいの深さにすれば良いかもしれないな。食卓に置いても何となく馴染むと思うのですよ。

 

陶器には負けますけどね。

使い勝手と雰囲気重視ね、雰囲気。

 

 

 

ちょっと~オトナンちゃん何言ってんの。ズボラね!そんなもん要らないわ!だって納豆はご飯と混ぜる以外にも、沢山楽しみ方があるのよ!

・・・という方もいらっしゃるでしょう。

 

ごもっとも。その意見も分かります。

美味しいレシピサイトを見つけたので、ちょっとご紹介しますね。

 

 

タカノフーズの納豆レシピ

 

納豆メーカー色々ありますよね。

タカノフーズの納豆レシピがものすごく充実していました。

 

以下はレシピの中の「ごはん」ものの一部。

 

f:id:otonann:20170731175634p:plain

出展:おかめレシピ|おかめ納豆 タカノフーズ株式会社

 

 

ねっ!美味しそうでしょう!?

他にも、パンや焼き物、小鉢小皿など見ているだけで楽しくなってしまうメニューばかり!これらを見ていたら、色々な納豆料理を頂きたくなります。

 

 

▼分かりやすいページ構成になっていますよ。

 

f:id:otonann:20170731180245p:plain

出展:おかめレシピ|おかめ納豆 タカノフーズ株式会社

 

 

詳細は公式サイトへどうぞ

おかめレシピ|おかめ納豆 タカノフーズ株式会社

 

 

 

実はね・・・。

糸ひき泡が嫌だった私の気持ちに嘘は無いんですが。

同じように、お皿のネバネバを仕事で何時間も洗い続けて、納豆嫌いになった人がいるのですよ。一緒に出掛けても、その人の前では納豆を頂けないのです。

 

あんなに美味しいのに勿体ない。

納豆は日本を誇れる発酵食品のひとつですもの、味わいたいじゃないですか。

 

こんなスタイルがあったら、もっと多くの方が楽しく取り入れられるかな・・・と思って記事にしてみました。どこかで取り入れられたら嬉しいなっ。

 

ネバネバパワーで夏を乗り切りましょうね~