おとなんつづり

オトナになっても純粋に。硬い心を柔らかくする為のブログ。

明治のスナック菓子「カール」を東日本でも販売して欲しい!こんな姿でいかがでしょうか。

スナック菓子の王様「カール」。2017年9月頃をめどに東日本で販売終了になりますね。袋を小さくするとか工夫して、臨機応変に姿を変えて販売して欲しい~と思ったけれど、どうやら深い理由がありそうです。なるほどねぇ・・・と、我が身も振り返り。

 

 

日本で初めてのスナック菓子「カール」

 

f:id:otonann:20170617123958p:plain

▲チョットだけ陳列棚に残ってたカール

 

 

あの黄色くてふわふわした食感の「カール」ご存知ですか?

今回アツく語ってしまいそうな予感がしますが、良かったらお付き合いくださいませ・・・

 

私の子供の頃。昭和時代は今ほど健康志向でも無かったし、海外から入って来るお菓子も多くなかったんですよ。スナック菓子は子供にとって特別な存在でした。

 

 

 

カールは昭和43年に登場した、日本初のスナック菓子です。

しかもノンフライ!油で揚げていないのです。

 

そして人気はあの大きさですよ。子供の口にポンと1つ。それだけで夢心地。じゅわ~っとほぐれていくコーンの食感がたまらないのです。

クリスマス会とか誰かのお誕生日とか、そういう特別な時には欠かさず登場するという「圧倒的な存在感」がありました。

 

f:id:otonann:20170617100316j:plain

出展:カイジ 圧倒的飛び出すスタンプ

 

 

そんなカイジが・・・じゃなかったっ。カールが!ですよ。

東日本だけとはいえ、お店に陳列されない時代が来るとは。

個人的に、ものすごーくショックなのです。またひとつ、良き昭和が消えて行くような寂しさを感じるのです。

 

 

▼詳細はこちらへどうぞ。日経新聞です。

www.nikkei.com

 

 なぜ縮小販売になったのか

 

なんでよ~!と思い、色々調べました。

どうやら以下2つの理由が大きいようです。

 

・スマホ時代になり、手がべたつく菓子は売れ行きが伸びない

・カールの主原料はとうもろこし。現在は「ポテト系」が好まれる時代になった

 

 

 

なんということ。時代に合わないという現実なのです。

50年販売され続けた、あのカールが。ショックだわ~。

 

でも、ちょっと待って。売れる主原料が「ポテト系」というのは、若い人メインで考えてないか。大人世代女子としては、とうもろこし原料の方がホッとするのに。

だから主原料は置いておいて(置くのかい!)パッケージや姿を変えたらどう?

 

 

個人的妄想。東日本向け「新・カール」

 

以下は私の妄想です。3パターン考えてみました。

手がべとつくのはね、姿やパッケージに問題があると思うんですよ。

袋に手を入れてもお皿に盛っても「カス」が付く。そこをメインに見直しです。

 

「小袋」にして、あのカールの「姿」を変えちゃったらどう?

売れ行き良かったら、その小さい袋を縦に連結させて販売すれば良いのです~。 

 

 

小さくしてダイレクトにお口へ「ちびカール」

 

f:id:otonann:20170617102323p:plain

 

これなら、手を汚さずザーッと口にダイレクトできちゃう。

既に「小粒カール」はあったけれど、それよりもっと小さく。手軽に持ち運べるように。だって今回の縮小で、小粒カールも販売終了になってしまうから。寂しいじゃない!?

小さいパッケージにすれば、子供も食べやすいと思うのです。

 

 

▼イメージとしては、ベビースターみたいな感じ。

 

出展:新横浜ラーメン博物館|復刻版ベビースターラーメン

 

 

長く続くカール食感の至福「カール極細」

f:id:otonann:20170617103230p:plain

 

そう。あのじゅわ~が長く続く贅沢を味わえてしまう形。

まさに至福です。お口の中は「沼」状態。坂崎さんも大喜び。

 

f:id:otonann:20170617112509j:plain

出展:https://pbs.twimg.com/

 

 

ちょっと折れやすいかもしれないけど、そこはコーティングか何かしてね。 

 

 

▼ポテロングやポッキーの極細みたいなイメージ。 

 

 

出展:マツモトキヨシ|江崎グリコ ポッキー(極細)

 

この、極細が出たときは、おぉ~!と思ったんですよ。

ポッキーは好きだったけど、すぐ食べ終わっちゃうしカロリーも気になっていたのです。「ちょっとだけ。少しずつ食べたい」という女子のハートを鷲掴みなスナックお菓子だと思います。ポッキーの魅力である「細さ」をより一層際立たせた発想が素晴らしい。

 

 

板状にしてご利益パッケージ「大判カール」

 

f:id:otonann:20170617105503p:plain

 

これはもう、カスが手に付くとか散らばるとか気にしない。無視。

カールを思う存分に、ガッツリかぶりつきたい人向けにします。

とはいえ・・・そんな少数派向けに商品を作るのも、売れ行きが心配ですよね。

 

そこで付加価値を。パッケージを変えるのです。

ちょっと画像探せなかったけど、例えばこんな縁起良さそうな感じに。

 

 

▼瓦煎餅のように。分厚く平らにしてしまう。

 

出展:瓦せんべいの喜久知屋製菓|開運福助せんべい

 

 

実際の絵はパッケージに印刷。

カールおじさんが小判をしょって、七福神を演じた絵なんかいいと思います。

 

例えば月変わりで、弁財天、布袋さんなどと変えていけば、全部揃えたい人は必ず居ます!もっとカールおじさんで遊んでも良いと思うんですよ。もちろんカエルのケロ太も欠かさずにね。

 

 

 

ちなみに・・・ 

明治の公式サイトでは、カールおじさんを存分に楽しめます。

おじさん好きな私にはたまらないのですよ~。

 

▼明治の公式サイト 

www.meiji.co.jp

 

 

▼公式サイトには、こんなページもあるのよ~。ほっこり。可愛いのです。

 

f:id:otonann:20170617115732p:plain

出展:カールおらが村|株式会社 明治

 

 

 

・・・と、ここまで書いてみたものの。

こうなったらいいなと思うけれど、かなりの勇気が必要なのは分かっています。必ず成功するという確信が無ければ動けない。多額な設備投資金が必要ですからねぇ。

 

 

カール縮小販売は後退ではなく「明日」のため 

 

何かが撤退すると、経営が傾いてるんじゃないかと思ってしまいがちですよね。マスコミは色々書くけれど、実際のところよく分かりません。

そこで気になるのはこの文章(抜粋)

 

生産や物流の効率性を考慮し、今後は西日本のみの販売とする。

 明治が同じく生産・販売していたコーンのスナック菓子「ピックアップ」も販売を終了する。工場の生産品目を集約して生産効率を高める狙いもある。

 

引用:明治「カール」、東日本での販売終了へ :日本経済新聞

 

 

未来を見据える。効率を上げる方向に向かう。

 

ということでしょうか。なんと前向きなスタイルでしょう。

カールは50年愛され続けたスナック菓子ですから、これからも細く長く続いていくと思っています。東日本に住む者としては悲しいけれど今後を期待したい。

 

長く生きていると、今まで慣れ親しんだ事から離れられない傾向にあるんですよね。先日自分で書いた、実家モノへの執着もそうかもしれない。

実家の荷物と思い出と。くだらないモノほど愛しくて大事な存在だと思う

 

過去に生きるのではなくて、明日のためにどう過ごすかも考えていこう・・・と我が身も思う、カールの東日本販売終了でした。

 

 

 

今回は大好きな、賭博黙示録カイジをちょいちょい挟み込んで書いてみました。 

もう頭の中で♪未来は僕らの手の中~がぐるぐるしております。

  

 

最後に、班長から温かいお言葉を。

 

 

f:id:otonann:20170617111712j:plain

出展:カイジ 圧倒的飛び出すスタンプ