おとなんつづり

オトナになっても純粋に心豊かに。自由な視点で綴ります。

園芸家のアイディアを取り入れよう!植物とお財布に優しい小枝の使い道。


隣接したお宅に迷惑がかかる雑草レベルになり、先日ようやく取りかかりました。

女性用枝切バサミでは切れない枝がゴロゴロと。かなり木質化が進んでしまったんです。その枝を切っていたとき、園芸家の方がされていた小枝のアイディアを思い出しましたよ。

 

 

はじめに

 

今回の記事は、小枝を利用してオベリスク(雪釣りのようなもの)や苔の下皿などに使うのも良いよという内容です。

 

前半に雑草との戦い、後半に小枝のアイディアを紹介しています。

お急ぎの方はこちらへどうぞ。(後半へページジャンプします。)

▶六本木ヒルズ・森ビル屋上庭園 

 

 

雑草との戦いクライマックス

 

私のブログでは、何度も雑草取りの記事を書いています。

(私の家は庭が無いので、余った小さな敷地を無理やり庭化しようとしています)

 

▼きっかけはこちら 

www.otonan.com

 

 

はいはい、もう雑草のことは分かったよ・・・

という方もいらっしゃるかと思いますが。さすがに先日の雑草クライマックスは恐ろしかったので、記録として残しておきたい。いや、残すべきなのです!

2度とこんな事にしないために。

 

 

段差のある隣家

 

敷地内の隙間に生えた雑草が、身長を超えて木質化していました。

このまま放置して夏を迎えたら大変。

さらに枝を伸ばし、お隣さんにもっと迷惑がかかってしまいます。

 

雑草が生えている部分は狭いので、外側から取れば良いんですが・・・。段差があるので、外側から手を伸ばして雑草は取れません。

脚立に登って外側から取ろうにも、お隣さんに断らねばならないし、OK頂いたところで、葉っぱを散らかしてしまうのも気が引けますよね。あとで掃除するとしても。

 

 

 

となると・・・やはり内側から。

生唾ごっくんものなのです。

 

 ▼気持ち的には、こんな感じ。

 

 

なぜそんな気持ちになるかと言いますとね・・・

ここは虫のオアシス。自分の身体を自由に動かせないという恐怖ゾーンだからです。虫が向かって来ても、方向転換も出来ないし横にも逃げられないのです。

虫が苦手な私にはかなりの気合いが必要です。

 

▼詳しくはこちら

www.otonan.com

 

 

 

気合いを入れて進んだ末の「小枝」 

 

そんな場所の雑草取りをしましたよ。

まだ不完全ですが、こんな感じ。すっきり!

 

f:id:otonann:20170702135850p:plain

 

 

ね?段差あるでしょう?

画像左側の朽ちた木材の部分は、お隣さんの敷地です。 

画像に映っている建物の奥、内側から雑草を取っていきます。

 

 

▼ここから雑草を取っていきます(敷地内)

 

f:id:otonann:20170702141101p:plain

 

 

遠くの雑草が、奥の樹木と景色が溶け込んでますね。育ち過ぎです。 

どんな虫たちが潜んでいるやら。 あぁこわい!

 

生唾を飲み・・・仁王立ちして、カマをグッと握って深呼吸。

下を向いたまま、ザクザクと刈りながら進んで行きます。

 

f:id:otonann:20170702141438p:plain

 

 

苔の中で、もっとも嫌われているゼニゴケが歓迎してくれました。 

こんにちは。

 

あ~!恐ろしい!気持ち悪い!!!

苔だけでビビってしまう。シャクシャクとすくって除去します。

あれですよ。お化け屋敷に入って、まだ何にも起きてないのに恐い感じ。

 

45リットル1つ分、刈り取ったところで・・・

そぉ~っと顔を上げて、目の前を確認してみました。

 

 

 

 

f:id:otonann:20170702141652p:plain

 

 

・・・な、なにか居そうじゃない?

なんだろうこの威圧感。

全然違う世界が待っているような暗闇。

 

ひょっとしたら、二度とこの世界に戻って来れないんじゃないか。ラビリンス的な空気。こわいよ~。こんなに恐いのに鳥の声しかしない。逆に恐い。やだよ~。

 

 

 

でもね。やるしかないの。自分の家だもの。

格闘すること1時間半。ヒーヒー言いながら、どうにかこの量を取りました。

 

f:id:otonann:20170702143029p:plain

 

これを小さく刻んで袋に詰めていきます。

ところが、女性用枝切バサミではカット出来ない太さもあるんですよね。

  

f:id:otonann:20170702143254p:plain

 

この枝は、体重をかけて枝に乗ったり、すこしずつ切れ目を入れて折ったのです。

あの時間は恐さよりも、ごめんねと思いました。

 

ここまで育っていると、まわりの生き物の住み家を壊してしまっただろうし。枝を折った時の生々しさを見たとき、胸の奥が痛かったです。

でも、中途半端な状態で残して置けません。日を改めて根っこも取らなくちゃ。

 

 

そんな事を思いながら。

この枝を眺めていて、思い出した事があるのです。

 

 

六本木ヒルズ・森ビル屋上庭園

 

もう10年以上前のこと。

六本木ヒルズにある、森ビルの屋上庭園へ行ったことがあるんですよ。 

 

園芸家の杉井明美さんが手がけたお庭があって、期間限定で一般公開していました。娘さんの志織さんも一緒に散策するというイベント。趣味の園芸でも活躍されているので、ご存知の方もいらっしゃるかな?

 

森ビルの屋上庭園は色々な取り組みをしているんですよ。

まさに都会のオアシス。

生き物も居ます。田植えなど、子供たちも入れるイベントもありますよ。

 

▼公式サイトはこちら 



 

 

小枝のオベリスク

 

それでね・・・。

その森ビルの屋上庭園へ行ったとき、こんな工夫がしてあったのです。

 

 

▼小枝を麻紐で縛っただけのもの

 

f:id:otonann:20170702152653p:plain

 

なぜこんな事をするのかといいますと・・・

この枝の中にあるパンジーは、上に向かって育つ種類なのです。

 

外敵から守ってくれる小枝。そっと寄り添って、成長を手助けするものです。

当時名前がついたばかりの新種でした。色々な方がそばを通るので、荷物が当たらないようにとの考慮もあるかもしれません。

 

 

▼葉牡丹を育てたもの。小枝との組み合わせが美しいです。

 

f:id:otonann:20170702153056p:plain

 

 

▼小枝は自然素材なので、どんなお花にも調和しますね。

 

f:id:otonann:20170702153152p:plain

 

 

こんな風に、この小枝が使えるのではないかと思い出したんですよ。

小枝で作るオベリスク・・・と言いますか、雪釣りにもちょっと似ていますね。

 

 

▼オベリスク。つるバラなどに使われます。

 

 

 

 

園芸店で、アイアンやプラスチック素材のオベリスクを買うのも良いけれど。

自然の小枝を使って組むのも良いでしょう?

投資金額ゼロなのも嬉しいところ。

 

ただし、朽ちても良いものに使うという限定です。

強風から野菜を守るときにも役立つかもしれません。実際に試してないので、予想ですけども。秋に野菜を植える時に試せたらいいなと思っています。

  

 

太い枝なら、こんな使い方もお洒落

 

f:id:otonann:20170702162316j:plain

(お気に入りの園芸店にて)

 

こうやって、敷物にするならすぐ出来そうです。テグスで縛っても良いかも。

水はけも良いしナチュラルな雰囲気で素敵。

この下に大きめの砂利を敷けば、さらに雰囲気が出そうです。

 

  

 

ガーデニングや家庭菜園をされている方がいらっしゃったらぜひ。

小枝を工夫する事も考えたら楽しそうですよ。可能性は広がる~。

 

麻紐でしばるだけ。

長さも自由自在ですから。