読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなんつづり

心穏やかな暮らしを目指しながら自由に綴っています

個性より記憶に残るアイコンの条件4つ


今日からブログを始めたオトナンです。

新しい住まいに入ったような気持ち。どきどきしてます~。

新しくアイコンを作りました。

他の方のアイコンを見させてもらって、なるほど!と思える事を書きますね。

 

 

f:id:otonann:20161201083150j:plain

 

 

 

 

アイコンは読者と筆者を繋ぐ入り口

まず、ブログを読むパターンは2種類あると思うんです。

①検索やタイトルから読む

②お気に入りの筆者だから読む

 

この時にアイコンの威力を発揮するのは①から②になった時がほとんど。

②は月刊誌や筆者を選んで読む本に似てますね。

すでに記事を読んでイメージが出来てる状態。

筆者と記事のイメージを関連付けてくれるのがアイコンなんですよねぇ。

 

そこで記憶してもらうアイコンって何だろうと探りました。

 

SNSを意識したデザイン

Twitterはより多くの人に読んでもらえるサービスですよね。

ブログと同じアイコンを使う方が覚えてもらいやすい。

 

でも~・・・アイコンは小さい!

小さくても「あ!あの人だ」って分かってもらいたい。

なのでTwitterでの見え方もチェックしつつ。

Facebookなど他のサービスも同様ですね。

 

顔をメインにするメリット

アイコンに顔を取り入れるべきか意見が分かれるところですよねぇ。

顔以外でもブログのイメージに合えばOKですが。

やっぱり読むのも書くのも「人」。

なので顔の要素が入ったデザインが分かりやすいと思います。

 

実際の顔を使えと言ってるんじゃないんですよ。

ただのマルに目・鼻・口を書くだけでもだいぶ違うと思います。

 

↓同じ卵でも違いが分かる。

f:id:otonann:20161201093328j:plain

 

顔を出すのに抵抗がある方は、こんなのもあります。

私も試しましたが勇気が出なくて。

 

↓良かったらお試しください。無料です。

 

 

例えば・・・こんな写真が

f:id:otonann:20161201101351j:plain

 

こんな風になる。

f:id:otonann:20161201101401j:plain

 

ワンクリックで出来てしまう。

線の量や太さ、明るさ、色々変えられます。

洋服のシワとかほんとにイラストみたい!

 

色の持つパワー

ざーっとアイコンが並んでたとして・・・。

パッと目に飛び込んでくる情報はまず「色と形のバランス」。

その次に文字やイラストになると思うんですよ。

 

↓例えばマクドナルドが「赤と黄色」で美味しそうですが・・・

f:id:otonann:20161201102858p:plain

出典:http://www.mcdonalds.co.jp/

 

これがモノクロだったら冷えたハンバーガーっぽい。

いや、もし背景が黒でも中心が暖色系ならいけるか!?

 

どちらにせよ色のパワーを使わない手は無いですよね。

 

好奇心を持ってもらえる情報を盛り込む

「え!何このアイコン!?どんな人?」と思うとクリックしちゃいますよね。

クリックするのは興味があるから。

アイコンで何となく雰囲気を出すって大事なんですよね。

 

でも。

読んでガッカリしたら、どんなにアイコンが個性的でももう読まない。

 

うーん・・・難しい~。自分で書いてて耳が痛い。

まだまだ出来てない今後の課題です。

 

 

最後に

私なりのアイコン作りのこだわりでした。

いつか納得できるアイコンが出来たらいいなぁと思います。

プロにお願いするのもありですね。

 

今回、私は顔イラストをペイントで描きました。

ほとんどのPCに標準でついてるソフトですよ。

微調整は https://pixlr.com/editor/ (PCにて)。

マウスで描いたので結構イビツですが「味」ってことで!

 

横にニックネームを足しました。

構図的に右側の方が最後に目が行くので、イラストを右に。

 

 

f:id:otonann:20161201100136p:plain

 

もしかしたら名前も覚えてもらえるかも・・・。

メガネと同じ紫色で文字を書きました。

ちょうど「Oto」の文字がメガネと似てていいかなとも思ったり。

これで少しは個性が出てるといいなぁ。

 

あとは記事の内容ね!

これが肝心。

さんざん書きましたが・・・

記事さえ魅力的ならどんなアイコンでも良い気もします。

読者が自分を見つけやすいように補助的に使うのがアイコンだと思うから。

 

これがいちばん大変~。

 

読んでくださった方が何か持ち帰れるようにしたいなと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

読んでくださってありがとう。

ではまた (╭ರᴥ•́)