読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなんつづり

心穏やかな暮らしを目指しながら自由に綴っています

読んでくださってありがとう。自分らしさを文字で表現するって難しいですね。


 

はてなブログで記事を書き始めて、困っている事があります。

せっかく特化ブログをお休みして始めたのに「枠」にはまってしまう。

型通りの文章ではなくて思った事を自由に書いてみようと思いました。

 

 

f:id:otonann:20170121212620j:plain

 

 

 

 

植物をテーマにしたブログを作った理由

 

私は植物をテーマにしたブログを持っています。

▶Grimo[ぐりも]|グリーンをもっと。優しいガーデニングスタイル。

 

 

植物は私にとってホッとする存在です。

両親が植物好きで、幼い頃から植物と共に過ごしたからです。

でも、お庭やベランダはありません。

良き昭和感たっぷりな2軒長屋の木造アパートに住んでいましたよ。

父が器用に2枚の板を壁に備え付け、所狭しと鉢植えを並べていました。

 

いってきまーす!ただいまー!と外に出ると何かしら咲いている家でした。

その家も立ち退き勧告を受け、もう潰されてしまってありません。

両親が他界した今、両親と植物がセットになって大切な思い出になっています。

 

 

 

そんな環境で育った私ですが、長い間、植物とかけ離れた仕事をしていました。

ある日「今の仕事を続けていて良いのか」と思ってしまったんです。

そこで思い切って植物関係の仕事を始めました。

収入の面ではかなり低くなりましたが色々な経験をさせて頂きました。

色々ありましたが、これをきっかけに出会う人や経験が変わったとように思います。

 

他の趣味でもたぶん同じ事が言えると思いますが・・・

お花を通して知り合った人に職業や年齢の壁が無いのが不思議。

 

お客さんや生徒さんと色々な話をしましたよ。

会話の内容は、植物情報や育て方を知りたいだけじゃないんです。

例えば、ベランダは花びらが排水溝に集まって大変なの。花びらが散らない植物ってないかしら。マンションでもツル物を育ててみたい。使いやすいジョウロ知らない?など。

 

父が板を壁に固定して鉢を並べたように、育てる時のアイディアや困った事の話が多かったように思います。

そんな経験から・・・

何も出来ない私でも少しは役立てるかもしれない!と思ってブログを立ち上げました。

 

 

 

ところが、始めて見ると人に伝える文章を書くというのはとても難しい。

本当に良いと思っているモノを書いても、読み返すとただの押し売りみたいに見えてしまう自分の文章の情けなさ。情報量の少なさ。

 

このままじゃ~良いブログは作れない!

 

1つにとらわれず、ちょっと視野を広める意味でも1つ違うブログを作ってみようと始めたのが、本記事のある「おとなんNOTES」です。

 

 

「おとなんNOTES」を始めて思ったこと

 

今、いちばん自分が求めている事は「穏やかに過ごす」ことです。

「おとなんNOTES」のテーマはそれだ!と思って書き出しました。

 

 

 

自分で言うのもなんですが私はたぶん「真面目」です。

せっかく自由に伸び伸び書こうと思ったのに、どうしても枠にハマってしまうんです。

そして、いつのまにか植物をテーマに詳しく書いてしまうという・・・。

今のスタイルでは無理があります。

 

 

植物以外でも、自分の知識や経験を掘り起こして書いているんですが、何だか窮屈な気がします。テーマが広すぎるのかもしれません。

 

 

 

いや自分のブログなんだから、いちいち考えないで好きに書けばいいんですよね。

そうなんですよ自由で良い。頭では分かってるんです。

あぁ・・・思いつくままに書きながらも、読者の方を満足させる文才が欲しいです。

 

 

自分らしさを求めて

 

f:id:otonann:20170121212007j:plain

 

こんな私の記事を読んでくださって有難うございます。

読者になってくださった方有難うございます。

色々なことを書いているので、興味のない記事更新のお知らせする事になり申し訳なく思っています。

 

沢山のスターやはてブ、コメントくださってとても嬉しいです!

お陰で今日まで続けられています。

 

 

これから、少し書き方をさぐろうと思います。

そして思った事をどんどん書いてみようと思います。

とにかく手を動かして書く事で、何か見つかるような気がするんですよ。

気が向いた時にでもぶらりと読んで下さったら嬉しいです。

 

 

私のつぶやきを読んで下さってありがとう~。

オトナンでした。

ではまた (╭ರᴥ•́)☆