おとなんつづり

オトナになっても純粋に心豊かに。自由な視点で綴ります。

年齢を重ねても、ネイルに頼らず美しい指先の人であるための道具2つ


年齢を問わず、ネイルが似合う女性って素敵。

そんな方はご自身に似合うお洒落を知っているんだと思います。いいなぁと思うんですが、私の場合は若い頃からナチュラル派。特別な席などでは時々ネイルをするけれど、爪に何かを乗せると落ち着かないのです。

 

 

何歳になっても美しい指先でいたい

 

f:id:otonann:20170605101833j:plain

 

 

街を歩いていると、わぁ・・・綺麗な指だなぁと思う女性に出会います。

例えば、着物をお召しになっているご年配の方の、袖の先からチラッとのぞく指先。着物のデザインやその方の雰囲気にぴったり合っていて素敵だったり。

 

決して若い指ではないんですよ。

苦労なさったんだなと思う指です。ちょっとシワがあっても「綺麗」だなと見惚れる。

 

それはおそらく、その方の生き方がにじみ出るものなのかなぁと思います。

長い年月をかけてしみついたその方の身のこなしでしょうね。同じように同じ色を私が爪に乗せても似合わないでしょう。若い頃はどんな色を乗せても可愛いし、綺麗ですけどね。年齢を重ねた場合、指が美しいというのはそういう事じゃないでしょうか。

 

どんなに綺麗にネイルをしていても、例えば食事の席でお箸を扱う指先がガサツだったら、ネイルだけが一人歩きして浮いてしまいますからね。逆にネイルを乗せていなくても美しい指って良いと思いませんか。

身振り手振りが素敵な女性は、何歳になっても綺麗です。

 

 

 

じゃぁ~自分はどうなんだ!と振り返ると自信がありませんよ・・・。

特にお酒が入ると怪しいもんです。そうありたいという憧れを持っているけれど、時々忘れてしまうんです。

 

そんな私が指先を意識するために、ちょっとだけ頑張っている事があるのでご紹介です。

 

 

月に1、2回の爪磨き

 

月に1、2回だけ爪を磨きます。

磨く目的は本来、ネイルを乗せるまえの下準備だと思うんですが、私はこれだけで十分満足しています。

 

爪を「整える」というイメージです。

月に1,2回、指先をじっくり見てお手入れするのです。普段は顔につけた化粧水や乳液、ハンドクリームをパパッと塗る程度。塗っている最中も、頭の中は「あぁあれもしよう、そうだった!これもしなきゃ」なんて余裕の無い事を考えています。

 

だから月に1、2度だけじっくり。1本1本ゆっくり磨きます。するとだんだん気持ちが穏やかになってきて、何かに感謝したい気持ちになったり嬉しい事を思い出したりする時間に変わるんです。慣れてしまえば歯磨きの習慣と同じ。

これは忙しい時も、心に余裕が無い時も習慣にしていましたよ。

 

 

 

その爪磨きグッズですが、最初は自分に合うモノに出会えませんでしたよ。

磨きが弱かったり、すぐにダメになってしまって無駄なお金をかけていたんです。あるとき、美容院で爪のお手入れセットを販売していたので、疑いながらも試してみたら・・・これが良いのです!

 

とにかく長持ち。私の場合は月に1、2回で2年は使えます。

かなり使い込んで痛んでいますが思い切ってご紹介しますね。

 

 

Can I(キャンアイ)のスムーサーとスーパーシャイナー

 

f:id:otonann:20170605144353j:plain

 

・右側の細長いのがスムーサー:表面の凸凹した部分を大まかに整える荒ヤスリ

・左側の四角いのがスーパーシャイナー:中磨きと仕上げ用

 

1年半くらい使った状態です。

だいぶ汚れてますが、思い切ってのせました。

両方合わせて2千円でお釣りが来るお値段。まだまだ使えるので、この価格は十分満足です。

 

 

▼裏側・側面たっぷり使えます。

 

f:id:otonann:20170605112852p:plain

 

 

画像右側にある、荒磨き用のスムーサーは先端が細くなってますよね。これが爪の端っこまで磨けるので便利です。 

画像左側にある、仕上げ用のスーパーシャイナーは、サイドにグレー色部分があるの分かりますか?ここで中磨き。一番最後は白い部分で仕上げます。 

 

本当はこれにプラスして、甘皮のお手入れや、爪に栄養を入れるオイルなんかがあると良いと思いますよ。より一層美しい指先になるんじゃないかと。その積み重ねがおそらく何年後かに出るのでしょうねぇ・・・。

でも私の場合は、あれこれ追加すると続かないので、磨く程度にとどめます。

 

  

磨き方のコツは優しく弱く

 

f:id:otonann:20170605115017p:plain

 

 

ちょっと爪が伸びてますが・・・

軽く磨くと上画像のように、なんとな~くツルッとした程度の鈍い輝きになります。

 

もちろん、しっかり仕上げてツルツルのピカピカにも出来ますが、不自然な気がして。透明なコーティングを塗ったようになってしまう。

目的は「整える」「爪の自然な美しさを出す」こと。優しく弱くがコツです。

 

 

 

関節が太くて恥ずかしいので・・・指先だけのせます。

 

f:id:otonann:20170605115023p:plain

 

こんな感じに。磨いていないような、いるような。そんな微妙な感じが好き。

なんていうかこう・・・頑張って若作りしていないナチュラルさが好きなのです。好みですけどね!

 

そうそう。この商品に限らず、荒磨きするときは削りすぎないよう注意しましょうね。何かを考えながらしていると沢山削ってしまいます。

理想は粗磨きは月に1~2回にとどめ、中磨きや仕上げは気になるときに追加する程度で良いと思います。

 

 

私はいつも楽天で購入しているので以下にご紹介しておきますね。

 

<CanI スムーサーとスーパーシャイナー> 

 

▶Can I(キャンアイ)爪お手入れグッズ

 

 

この商品にこだわらなくても、お近くのドラックストアや美容グッズを置いているお店にも、似たようなモノがあると思います。

その場合・・・スムーサーは、見るからに荒い目のモノは避けた方が良いですよ。後で仕上げるとき、荒削りの筋を消すのに大変。途中で嫌になって、続かなくなってしまいます。

 

 

爪磨きのメリット

 

月1、2回の爪磨きメリットとしてはこんな感じでしょうか・・・

 

・自分を見つめる時間を持てる

・料理しても気にならない

・なんとなく美しい指な「気」がする=ちょっとウキウキ

・好きな時に月に数回のお手入れで簡単=長続き

 

ところがね・・・。美しい指先にこだわるのは良いんですが、気になってる事があるんですよ。私は若い頃にあまりUVケアしなかったので手の甲にシミが。

 

 

今後の課題

 

いつも愛犬アポロとスキンシップしてますが、そんな時。 

自分の手にガッカリするのです。 

 

f:id:otonann:20170605115029p:plain

 

 

 

思い切って、手の甲をズームします。

 

f:id:otonann:20170605115037p:plain

 

 

この薄黒いポツポツ・・・。

シミを消す商品を色々試したけどダメです。日頃から気をつけてUVケアをしていますが、蓄積されたこのシミはしぶとい!

 

「シミがあっても美しい指の女性」を目指すのもアリですが、やっぱりシミは無い方が嬉しいもの。いやこれはもう、自分の満足の世界ですけどね。こんな部分を見るのは自分だけ。

誰かに手を眺めてもらう年齢は過ぎましたけども・・・。

どなたか、手のシミを消す方法をご存知ならば教えて頂きたいです。

 

もし自分で出会ったらレビューしますね。