読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなんつづり

心穏やかな暮らしを目指しながら自由に綴っています

植物が元気に育つ肥沃な土を作ってくれる小さな生き物


 

アポロ(犬)と散歩していると小さな生き物に出会います。

落ち葉が重なった柔らかい道を歩いた時、土とミミズの話を思い出しました。

「みつばちマーヤ」から少しご紹介です。

 

 

f:id:otonann:20170113135837j:plain

 

 

 

 

 

犬の散歩と自然の出会い

 

私の自宅周辺は住宅街。

生活するには少し不便な緑豊かな場所です。

 

そんな場所をアポロ(犬)と散歩。

3キロの小型犬11歳です。

専門家によると、この重さなら1日の運動量は30分で十分だそうですよ。

 

 

f:id:otonann:20170113150423j:plain

 

 

私としてはスイスイ歩きたいんですが・・・

色々な場所でニオイをかぐので急に立ち止まります。

お陰で出会いもいっぱいあるんですよ。

 

 

白い蝶が羽を休ませていたり。

 

f:id:otonann:20170113150817p:plain

 

 

雨上がりの蜘蛛の巣が美しかったり。

 

f:id:otonann:20170113151220j:plain

 

 

毎回必ず発見があります。

そんなアポロと季節を感じる時間が大好き。心が和みます~。

 

落ち葉が重なった柔らかい道も歩きます。

いつかこの葉が、微生物や生き物の糞などで分解されて土に還る。

自然って凄いなぁとしみじみ。

 

 

 

土は色々な生き物によって出来ているんですよね。

そういえば・・・

良い土には「ミミズ」がいるとよく聞きますよね。

なぜ良いのかちょっと探ります。

 

 

良い土とミミズの関係

 

 

 

ミミズが通ると土が混ざるから良いのかな?

と、そのくらいに思っていたんですが違いました。  

 

ミミズは地下の鉱物質を分解して、作物に必要な塩基性鉱物質に変えて地表に運ぶため、 表土を肥沃にする働きがあります。

この働きは、単作によって地力が失われたところでは特に著しい効果を表します。 ミミズは偉大な耕作者です。

 

ミミズの糞には窒素、リン、カリをはじめとする植物に必要な物質が豊富に含まれているため、 植物を育てる際の良好な肥料となります。

引用:土地改良とミミズの働き

 

 

すごい。

土を分解して運んでいたとは。

糞にそんなパワーがあったとは。

 

また、穴を掘って突き進むことで空気を取り込むために微生物が育つ。

そうなると根っこものびのび。

植物が元気に育つ、団粒構造の培養土になります。

 

    

根に理想的な団粒構造

f:id:otonann:20170113155532g:plain

出典:http://www.aikis.or.jp/  

 

 

人間だって硬い布団より、ふんわりした布団が気持ちがいい。

無風よりも心地良いそよ風が欲しいです。

手足を伸ばせないんじゃ苦しくて生きていけませんから。

 

そこで、ふと「みつばちマーヤの冒険」を思いだしたんですよ。

遠い昔にみたアニメです。

 

 

みつばちマーヤに学ぶ自然の大切さ

 

 

ミミズのマックス

 

みつばちのマーヤとウィリーは、ミミズのマックスと出会います。

地中にいて、のろまで歌も歌えないミミズのマックス。

いつもひとりぼっち。

 

そこでマーヤは、マックスにもお友達を作ってあげようと思い立つのです。

ひとりは寂しいはず!と、まわりの虫を誘ってきます。

気乗りしなかったマックス。

でも、頑張ってみようという気になり・・・

自分の身体を縄跳びの縄にしたり、綱引きの綱になったりして努力します。

(これは痛々しい図です)

 

 

頑張ったけど昆虫たちと馴染めません。

動きが違うから、同じように遊べないのです。

 

一緒に遊んでいた昆虫は帰ってしまいマックスは落ち込んでしまいます。

そこでマーヤはカッサンドラ先生の言葉を思い出します。

 

 

 

「美しい花が咲いているのはミミズさんのおかげですよ。

地面のなかを掘り返すので、土が空気に触れて草や花のためにとってもいいの」

 

   

プリムラ・ビアリー

 

 

 

それぞれの役割がある。

 

ミミズのお陰で蜜を集められる。

飛んだり歌ったりする事だけだけが虫の幸せじゃない事に気が付きます。

 

マーヤは明るくマックスとサヨナラして空へ。

マックスも納得して地中へ。

とても感動したお話しの1つです。

 

 

 

調べてみたら第11話「みみずはみみず」でした。

みつばちマーヤの冒険 第11話 みみずはみみず【動画配信】  

 

 

それぞれの役割

 

 

 

ミミズがいなかったら自然の連鎖が止まってしまうかも。

見えないところで頑張ってる生き物がいるんですよね。

 

虫だけじゃなく。

自分にしかできない何かがきっとある。

 

いっけん小さな事に見えても無駄は無い。

そう思います。

 

 

 

植物がなぜ人々の心を和ませるのかは・・・

色々な生き物が関わった命だからこそ、1輪のお花でも美しいんだなぁと思います。

 

 

みつばちマーヤの冒険/ワルデマル・ボンゼルス/熊田千佳慕  

 

 

最後に

 

今回、私の植物に関する姉妹サイトから記事をひっぱってきました。

私は生き物や植物に触れて育ったんですが、あまり書いてなかったなと。

 

これまで「役立つ情報」を書こう!

と、肩のチカラが入りすぎていていた感があります。

ごく平凡な主婦の情報なので大したことないんですけどね。

 (;´∀`)

 

 

 

実は・・・

「アフィカスのポエム」と書き込まれてから、素直に書く勇気が出ませんでした。

 

何時間もかけて何度も見直した記事です。

伝わらなかった事、ガッカリさせた事がショックでした。

 

ただ、書き方はどうあれ私の記事に反応してくれた事は事実です。

だから落ち込む必要ない。

世の中全員、考え方が違うから発見や成長があるんだと思います。

受け方は読んだ時の気分でも違ってくるでしょうしね。

 

 

 

ミミズのマックスのように自分らしく。

自分に出来ることで輝けばいい。

 

色々な方のブログを訪問するうちに、心がほぐれてきました。

はてなブログをはじめて本当に良かった!

もう少し自由に書いてみたいと思っています。

 

 

 

ここまで読んでくださってありがとう。

お時間あるときに、ぶらりと立ち寄ってくださると嬉しいです。

 

オトナンでした。

ではまた (╭ರᴥ•́)☆  

 

 

 

植物に関する姉妹サイトはこちらです。

▶Grimo[ぐりも]|グリーンをもっと。優しいガーデニングスタイル。