おとなんつづり

オトナになっても純粋に心豊かに。自由な視点で綴ります。

ギリメノ島のサンセットと全速力ティラノサウルス


今日も朝から強い陽射しですね。

昨日はハンモックでゆっくりしたので、今日はサイクリングで風を感じませんか。

え?用事があるの?大丈夫。小さな島だもの。すぐに帰ってこれるから~。

 

さ、行こう行こう~ 

 

フロントに鍵をあずけて。と。

 

f:id:otonann:20170711173738p:plain

 

うわぁ~まだ朝なのに、もう砂浜が白く光ってる!

陽射しが強そう。もう素足で歩けないね。

 

自転車借りたいなぁ。

誰にお願いすればいいかな。

 

 

 

あ!昨日対応してくださったホテルの方。話してみよう。

ん?何か持ってる。

 

f:id:otonann:20170711173742p:plain

 

ふふふ。可愛い。

お腹、ふわふわして冷たい。

そんなに怖い顔しなくてもいいんだよ。ごめんね。

 

 

 

自転車はOK~。

島の地図もありがとうございます。

 

さぁ・・・どこをサイクリングしようか。

ルートを考えよう。

よし。まずは、ここで喉を潤してから。 

 

 

f:id:otonann:20170711173744j:plain

 

 

いいね!リゾートって感じ。 

ふぅ~ん(鼻息)

冷えたビンタンビール喉にくる。美味しい~。

 

ねぇ・・・喉を潤すのアルコールで大丈夫?

美味しいけど1本だけにしておこうよ、ね。ね。

 

f:id:otonann:20170711173747p:plain

 

 

いろんなルートあるんだね。

ぐるりと外周を走るのも気持ちよさそうだけど、まだ陽が高いから。やめておこ。

今日は、最短の真ん中を走ってみようか。

 

 

 

それじゃ、早速しゅっぱ~つ。 

 

f:id:otonann:20170711173749p:plain

 

 

 

木漏れ日がキラキラしてるね。

葉っぱが揺れてる。

風が気持ちいい~。

 

f:id:otonann:20170711180547p:plain

 

 

 

おやぁ!?牛やニワトリがいるよ。

この島で育ったのかな。

木陰で一緒にくつろいでる。仲が良いんだね。何を話してるんだろ。

 

f:id:otonann:20170711173754p:plain

 

 

あ。現地の方が農作業してるっ。

手をふってくれてる!こんにちは~。

 

 

 

ねぇねぇ、お庭に白いハイビスカス植えてあるよ。綺麗なんだねぇ。

わーい♬ 写真撮るからまってて。

 

f:id:otonann:20170711173755p:plain

 

 

だいぶ奥まで来たね・・・

 

ん!?大きいヤシの木!!!

こんな大きいのが密集して育ってるの、見たことないよっ。

 

 

 

ティ・・・

ティラノサウルス出そうじゃない!? 

 

f:id:otonann:20170711173758p:plain

 

 

ちょっと待って。行かないで。

じぃ~っと遠くを見て想像してみて。

 

ね!

遠くから全速力で走ってきそうでしょ。

 

これ、これ!こういう恐竜!

 

f:id:otonann:20170711192927p:plain

 

 

あれ。呆れてるよ・・・先にいかないで~

まって~

私だけかなぁ。そう思うの。 

 

 

 

だいぶスタート地点に戻ってきたね。

道に砂がいっぱいで漕ぎ辛くなってきた。あとは手押しにしよう。

 

おや!?素敵な家。手作りかな。

 

f:id:otonann:20170711173800p:plain

 

 

いいねぇ。

天井から風が入るように工夫してある。

珊瑚の欠片を繋げてモビール作ったんだね。揺れると綺麗だろうな。

 

ピンクのブーゲンビリア、この家にピッタリ。

 

ねぇ見て。あの並んでる椅子。

あそこに座ってサンセット眺めるんだね。

 

f:id:otonann:20170711173816p:plain

 

遠くの島から、お祈りの音楽が聴こえてくるよ。

ざざざ~・・・静かな波の音。

あぁなんて綺麗。

 

楽しいサイクリングだったね。

お付き合いありがとう。 

 

 

f:id:otonann:20170712004425p:plain

 

 

 

今回ご紹介したのは、バリ島の「ギリメノ島」です。

一緒にサイクリングをして頂きたくて、文章も少し工夫しました。

 

ここは小さな島で、車もほとんど通らないところ。

だけど色々な国の方が訪れるので、ちゃんとレスキュー施設もあるし、カフェ、日用品を扱うお店、子馬のタクシーや子亀保護センターもあるのです。もちろんダイビングポイントも。

 

1つの記事で魅力を伝えようとしたけど、無理でした。難しい~。

少しずつご紹介してみようか。

 

だって素晴らしい所なんだもの。

書けそうな時に少しずつ書いてみますね。

 

 

▼バリ島記事

www.otonan.com