おとなんつづり

オトナになっても純粋に心豊かに。自由な視点で綴ります。

実家の荷物と思い出と。くだらないモノほど愛しくて大事な存在だと思う。


私は実家の荷物を引き取って生活しています。

ミニマム暮らしに憧れているので、めげずに少しずつ実家モノを処分しているんですが・・・くだらないモノほど手が止まってしまうのです。満足いく状態になるまで時間がかかりそうです。

 

 

実家モノは自分の過去との対面 

 

モノを処分するときの基準は何ですか?

使える、使えないで処分したいけれど、そう割り切れない時があるんですよね。

 

そして・・・ご実家がある方は、将来その荷物をどうする予定でしょうか。いつか誰かが処分する時が来ます。ご実家の荷物量は多い方ですか?

中には、ご自身の荷物をそのままごっそり置いて、別の場所で新生活している方も多いかもしれませんね。そうなっていると後で大変になると思います。

 

もう過去のモノは全部廃棄しちゃっていい!となっていれば良いんですけどね。

私の場合は、自分の過去との対面に、思い出が溢れて手が止まってしまう事がいっぱい。今までその存在を忘れていたのに。

 

▼詳しくはこの記事

www.otonan.com

 

実家の荷物は、パンドラの箱というか。

タイムマシンというか。

何とも不思議な気持ちになってしまいます。

 

 

 

過去の自分に教わる、純粋な心

 

実家のモノを整理していたら、懐かしい鉛筆たちが出てきました。

モノの価値としては、数円でしょうね。

 

 

▼子供の頃の宝物一部。

 

f:id:otonann:20170614173102j:plain

 

 

この統一感のなさ!

子供ならではのチョイスですねぇ~。

真ん中の「世界の珍鳥・珍獣展」は今はもう閉園してしまった遊園地のもの。

 

当時、父はサラリーマンを辞めて、自営業で家族を養おうと頑張っていました。明るく振舞っていたけれど・・・うまく起動に乗らなくて、お金に余裕が無い事は子供ながらにも分かってた。

 

家族全員で遊園地に行く事は、もう大イベントだったわけです。

 

私を楽しませようと、父が肩車をして人ごみの中を歩いてくれた事、あのときにみた菊人形の鮮やかさは今でも思い出します。そんな遊園地で買ってもらった鉛筆なんですよ。

 

多摩川園

1925年(大正14年)12月23日に「温泉遊園地 多摩川園」としてオープン。同年には丸子多摩川花火大会も開始されている。園内には、飛行塔、お化け屋敷、メリーゴーランドの遊戯施設があり、菊人形展でも多くの客で賑わった。

引用:多摩川園 - Wikipedia

 

 

これらの鉛筆を眺めるだけで、幸せな気持ちになるのです。 

そんな気持ちから、他の鉛筆にも「ふしぎな思い出えんぴつ」と自分で記したのかもしれません。あんまり覚えてないけれど、これ、間違いなく私の字です。

 

こんな純粋な言葉・・・今の自分に浮かびませんねぇ。

この言葉にハッとしましたよ。

 

 

大事な事を見失っていないか

 

大人になると「柳のように生きる方が楽」なことに気が付くんですよね。

固いままだと、ボキッと折れて修復に時間がかかるのを知ってるから。

 

もうあんな思いをしたくないから。

自由に思いのままに生きて傷つくのなら、どこかで妥協してもいいか~と思う自分がいるんです。分かったふりして過ごす。見て見ぬふりしたり。

 

泣きたい時は泣く。

笑いたい時は笑う。

誰に遠慮することなく「ありのまま」。

 

そんな当たり前な感情を、ちゃんと出せているだろうか。

純粋な子供の心を片隅にでも置いておきたいなぁと思うのです。

 

そんな事を思うと、結局この鉛筆を捨てられず。使えず。もとに戻してしまう。

・・・実家モノは手強い。

 

忘れていた存在なのに、ひとたび蓋を開けた日には溢れ出てしまう思い出。それを断ち切っていく作業は大変なことです。なかなか減らないですね。

 

 

増え続ける、くだらないけど大事なもの 

 

実家モノ以外にもどんどん増えます。

あるとき、夫がニコニコしながらこんなタオルをもらってきましたよ。

 

な、なぜ・・・これをもらうのだ、夫よ。

 

 

f:id:otonann:20170614214536j:plain

 

ぽいっと捨てるに捨てられない神々しさ。

冗談で作られたタオルではなくて、本物の金運のパワースポットのモノです。 

 

 

▼気になる方は公式サイトへどうそ

kanemochi-jinja.net

 

 

とっても有難いので、文句言ったらバチ当たりそうです。

だからこれ以上言わないけど・・・。

「ミニマリストになりたい女子」として、求めているのはこういうのじゃなくて~

 

 

  ▼こういう大人女子系を使いたい。さらりと~。

 

<クラブハードマンのリネン> 

出典:リネンショップテイセン| リネン100%ノンパイル

 

 

・・・う~ん。理想と全然違う。

とほほです。 

 

 

そして夫は時々、自分が使って良かった!と思うものを、私にも買って来ます。

消耗品やお菓子ばかりですけどね。

優しいんですが~

乙女心をお忘れではないでしょうか~

 

 

▼たとえばこれ。100円のペットボトルを入れる収縮袋。

 

f:id:otonann:20170616173203p:plain

 

 

「これ、便利でいいでしょ。小物も入るよ。」

「オトナンお揃い好きだから、俺と同じの買ってきたよ~」

 

うーん・・・こういうのじゃないんだよ、欲しいのは。違うのよ~

なんていうかこう、北欧っぽいやつとか。チェックとか色々あるでしょうに。

 

 

でもね。

あの金持神社タオルも、この袋も私に差し出した時の、夫の笑顔を思い出すと捨てられないんですよ。

肩をすくめて、くしゃっと照れ笑い。

そんな些細な事に幸せを感じています。

 

どんなにくだらないモノでも、1つ1つに思い出があるので、それを断ち切るのは難しいですね。

 

今後の実家モノとの付き合い

 

「思い出モノの処分の仕方」というような、本や雑誌を読んで断捨離を学んで真似するのも良い事だけれど、まずは自分でもがいてみて、どうしても無理!と思ったら補助的に読んでみようかと思っています。

 

とはいえ、今の方法は何年かかる分かりません。そこでひとつの方法として・・・

いったん全部出して「思い出モノ」と「目指す暮らしのモノ」のメリハリをつける。

あきらかに不要と思う実家モノはどんどん処分して、迷う思い出のモノ、これからのモノ、それぞれ居場所を分けていく。

 

今は、家の中に実家モノがまんべんなく散らばっているので、統一感が無いし、理想は遠いし、思い出はあるしで片付かないと思うんですよ。

最初から最終状態を目指すから無理がかかってしまうのです。たぶん。

 

自分が本当に「心地良い」と思える暮らしをするために挑戦。

思い出を大事にしつつ、頑張りますよ~!