おとなんつづり

ほっと一息、大人世代あれこれ。心豊かな暮らしを目指しています。

身体が不自由になった時に最初に相談する場所


 

知り合いの方が施設に入ってる。

あるいは在宅介護してるというのは聞くけれど。

いざ自分の身近な人に介護が必要になった時、どうしたらいいか困りますよね。

そんな時に最初に相談するオススメの場所があります。

 

 

f:id:otonann:20161207214045j:plain

 

 

 

地域包括支援センター

 

私は以前、介護事務所で入力事務をしていました。

そのとき介護に対するイメージが大きく変わったんですよ。

 

知識の無い私は「介護」=寝たきりの方のお世話というイメージでした。

でも実際に事務をしてみると認識ちがいでした。

 

 

介護は段階が合って「支援」から始まるんです。

日常の家事がちょっと困難だけど、なんとか出来る人がいたら・・・

ヘルパーさんに週に数回来てもらう事も出来ます。

一緒にお掃除したり買い物したり。

介護保険内で出来ます。

 

そうやって他人を家に入れる事で刺激にもなるんですよ。

定期的にする事で、楽しみにもなったりして。

 

 

 

例えば遠く離れて暮らしているご両親に。

心配だからといきなり施設に入ってもらう前に。

週に数回でも様子を見てもらうのも良いんじゃないかと思うんです。

 

ただ、重度の場合もありますよね。

例えばお風呂で転ぶことが多くなったとか。

認知が進んだように思えるとか。

事故などで身体が不自由になった時も同じです。

 

 

個人で施設を探すってホントに大変な事なんですよね。

その人に合った住まいを探す必要があるから。

 

そんな時。

まずは「地域包括支援センター」に相談するのが良いですよ。

 

↓横浜市の場合は「地域ケアプラザ」も。

この先の方向を導いてくれる

私の経験の場合ですが。

夫の母がすでに施設に入居していたんです。

 

でも、点滴や看取りまではしない場所だったので転居の必要が出てきました。

要するに比較的に軽い方が入る施設だったんです。

 

 

「施設=老人ホーム」といっても何を重点を置いているかがそれぞれ。

リハビリを強化しているところとか。

生活は充実してるけど、夜間は看護師が居ない場所もあります。

 

その人に何が必要かで探す場所が変わってくる。

 

 

・・・でも。

そんなのどうやって探すが分からないですよね。

ネットの口コミはあてにならないし。

 

そこで、先ほどの「地域包括支援センター」で相談窓口を教えてもらえます。

このケースならこんな場所へ相談どうぞって感じです。

 

有料老人ホームの紹介所へ

横浜市の場合、いくつか無料相談所がある事が分かりました。

私は通い慣れている横浜そごうへ。

 

↓こちらのお世話に。

 

ここホントにすばらしかった!

希望に合わせた情報だけを教えてくれるんじゃない。

プロ目線で、メリットとデメリットも盛り込んでくれます。

知識と情報量が半端ない~!!!

 

なぜ無料で惜しみなく情報をくれるかといいますと・・・

契約まで行けば仲介料が入るという仕組み。

 

 

横浜市以外でも同じように相談所はありますよ。

まずは「地域包括支援センター」へ行き「無料相談」です。

 

高額ならば良い施設とは限らない

施設=老人ホームって暗いイメージがありますよね。

でも、探せば色々な場所があるんだと分かりました。

 

 

私が印象的だった施設は2つ。

 

1つめは・・・

手作りのウッドデッキがあるお庭に、手作りの石窯があって。

そこで焼きたてのパンをみんなで食べたり。

お庭に植えた野菜やお花を収獲したり。

独身寮を改装したので、さほど広くないアットホームな雰囲気でした。

家族と一緒にバス旅行も出来ます。

何しろ施設長が優しさにあふれていて、入居者の方が明るかった。

最高年齢99歳の方がニコニコ笑っていました。

 

 

2つめは・・・

その正反対。

駅から徒歩3分なんですが、窓を開ければラブホテル。

さほどレクレーションも無く入居者は無言・無表情・無気力。

病院を改装したので鉄扉で窓も小さくて。

ただ、医療だけは手厚いという場所。

 

 

 

2つめの方が高額でしたよ。

医療が厚いからだと思います。

24時間いつでも医者が来てすぐ手術も出来る環境だったんです。

大手が関わっていてネット上では良い事が書いてあるんですよ~。

 

実際入居するなら、どっちが良いだろうって思います。

「何に重点を置くか」になると思うんですよね。

 

 

色々見学してみるのがいちばん。

入居されている方の表情やニオイで感じるのがいい思います。

 

最後に

本当は一緒に生活するのがベストでしょうけれど。

出来ない場合ってあります。

お金の絡みもあるので、希望通りとはいかないかもしれません。

 

でも、個人で大量の情報からアレコレ悩むより断然良い。

プロに導いてもらうのがいいかなと。

 

 

まずは、包括支援センターに問い合わせ。

身近に気になる方がいらっしゃったら是非どうぞ。

施設によっては抽選や順番待ちもありますから。

 

 

少しでも快適で明るい暮らしになりますように。

 

 

ここまで読んでくださってありがとう。

ではまた (╭ರᴥ•́)。