おとなんつづり

オトナになっても純粋に心豊かに。自由な視点で綴ります。

人は常に素敵でいられない。役立たない事や心が動いた事を書きたい【はてなユーザー向け】


はてなブログに来て約8カ月、200記事目になります。

今回は今後のブログ成長のために状況を振り返りです。私はブログが大好き。だけど、あれこれいまだに迷走中。この先も、細く長く続けていけたらいいなぁと思っています。

 

 

役立たない事、心が動いた事を記事にしていきたい 

 

これから以下にお話することは、私のブログに限った事です。

ブログの書き方を強制したり非難しているわけじゃありませんよ~。

 

これまで、私なりに「自分の気持ち」を盛り込むという挑戦をしてきました。

この「自分の気持ち」というのは、情報だけを得たい方にとっては邪魔ですよね。それに真面目で重い記事は、筆者に魅力が無いと読者離れの原因にもなります。万人に受け入れられにくい書き方でしょう。

 

かと言って、楽しくてキラキラしてる記事は好感度が高いけど、それだけでは不自然に思うんです。表面の綺麗な部分だけを記事にしないで、もっとこう・・・人間臭さを出していきたい。

(楽しいテーマの特化ブログならば別ですよ。私のブログの場合は、です。)

 

この先は、もっと素直に。

色々な事を書いていきたいと思っています。

ただ・・・これが私にとっては難しいのです。そう書けたらいいなという気持ちでいます。 

 

 

情報の羅列より「個性」を発信するブロガーになりたい

 

私は何のとりえもない、ただの女です。

読書、ゲーム、TV、エンタメ、音楽など、世間が注目している娯楽や流行に鈍感な方です。あの有名な「ハリーポッター」や「逃げるは恥だが役に立つ」や「君の名は」も観ていません。

 

たぶんかなり損してるでしょうねぇ。

ハマったらとことんタイプなので、その気になったら夢中になりそうですけど。

今のところ情報ありきではなく、個性で書くほうが自分に合っていそうです。

 

私思うんですけどね・・・

流行の情報というのは、その場は大きなPVや収益が得られますが、いつか色褪せてしまうんじゃないかって。世の中がその事に関心が無くなったら、埋もれてしまいますよね。

 

私は、過去記事を読んでも色褪せないブロガーに憧れています。

記録(PVやブックマーク数)より、記憶(心)に残る記事が好きです。

 

この場合、読む人が何を求めているかによって、色褪せないかどうかが決まると思います。書き方に良い悪いはありません。私のスタイルが合わない方もいらっしゃると思うけど、それもまた仕方のない事。

世の中、いろんな考え方があるから面白いんです。

 

 

1日1つでも、何かに気付きたい

 

中高年の円熟期に入り、身の回りの当たり前に幸せを感じるようになりました。

夏野菜の美しさに感動したり。ちょっとした会話にほっとしたり。ボーっと自然の中(公園とかね)に身を置いて、愛犬と季節を感じるのが至福のひとときです。

私の理想は、ちびまる子ちゃんの友蔵じいさん。

 

今のこの心の状態も日々変わっていくのでしょうが・・・

ブログを書ける状態であること、毎日笑って過ごせている事が有難くて感謝でいっぱいなのです。だから、役立たないどうでも良い事も書いていきたい。

 

気持ちはあるんですが、どうなることやら。

 

 

このブログのテーマは「心豊かさ」

 

色々書いているけれど、一応テーマがあるんですよ。

「心豊かな暮らし」がテーマです。時々脱線しますけども。

 

これは私の生き方テーマでもあります。忙しい現代人は、次々に降りかかる出来事で、自分の心をどこかに置いてしまいがちです。

生きるって素晴らしいこと。当たり前にある、自分の身の回りの事柄を色んな角度で見たり、気付いたりして幸せを感じられたらいいなと思っています。

 

ただ、テーマが大きすぎて内容がバラバラ・・・。

「心豊か」は、例えばプリンを食べました!だけでも叶ってしまう。深い悲しみの克服記事も、くだらない妄想やおじさん記事も、私にとっては「心豊か」に入ります。なんて都合のよすぎるテーマでしょ。テーマがあると言えないかもしれませんね~。

 

いろんな事を書いているので、興味の無い記事もあろうかと思います。

いつもコメントをくださっている読者さんに、無理をさせてるのではないかと思う事もあります。沢山のスターやブックマークもくださってありがとう。

 

いつも読んでくださって、本当にありがとうございます。

これからもしばらく迷走します。また100記事書いて振り返れたらいいなと思います。

 

今後も、気晴らしに立ち寄ってくださったらとても嬉しいです。

感謝をこめて。 

 

f:id:otonann:20170730021820j:plain