おとなんつづり

オトナになっても純粋に心豊かに。自由な視点で綴ります。

惹かれ合う男女の相性は遺伝子が決める?他人には理解されない愛すべき匂いたち。


f:id:otonann:20170223141625j:plain

 

 

人には理解されず、自分だけが好きだと思える匂いがありませんか。

香水やアロマといったものではなく、生き物が個々に持っている匂いについて。

男女の相性は匂いもひとつの要素かもしれません。

 

 

 

愛犬の匂いは「癒し」

  

私はアポロ(愛犬)の匂いが大好きです。 

嗅がない日が無いというくらい好きで、思いっきり嗅いで「あぁ~いい匂い!なんて可愛いの」とウットリ。そしてアポロの体を撫でて顔をうずめます。

  

犬の匂いは臭いでしょう!と思う方のお気持ちも分かります。他の犬の匂いをくんくんと嗅いだときに心地良く感じなかった事ありますから。 プードルは犬種の中でも匂いが弱いので、ひょっとしたら動物が持っている強烈な匂いはあまり発していないのかもしれません。

  

 

 

私も全ての動物に当てはまるわけではないんですよ。

亀や魚の水替えの匂いは良いと思いません。中には好き!と思う方もいらっしゃるのかもしれませんけどね。

 

犬以外でも、ハムスターや小鳥などの小動物と生活した時も同じです。彼らの寝床掃除が苦にならず、むしろ好きという・・・。私ちょっとヘンなのかもしれない。

 

ペットを飼われた事がある方ならきっと分かってくれますよね!?ね?

耳の中の匂い、ほかほかしたポプリ(我が家ではウ●チの事を、ポプリと呼んでいます)の匂いでさえ愛しく思ってしまいます。

 

 

男女の匂いは「心地良さ」

 

f:id:otonann:20170223140826j:plain

 

 

私のペット親バカ話は置いておいて、異性の匂いについて少しお話を。

私の男性経験で、こんな事がありました。

 

 

 

まだ独身の頃、とても尊敬していて惹かれるのに匂いがダメという男性が居ました。清潔な方ですよ。体臭があるとか香水や整髪剤をつけているという事でもない。

 

汗ばむ季節に一緒に歩いていた時、ほのかにかおる汗の匂いがダメでした。玄関までお邪魔したときも、扉の奥からふわっと感じましたよ。ちょっとカドがあるような。臭いとかじゃないんです。嫌いじゃないけど心地良さは感じなかったんです。結局ご縁がありませんでした。

 

その後、年月が経ち夫とは結婚まで至りました。

今思えば、お付き合いしている頃から夫の匂いが心地良かったのを覚えています。おそらく他の人が嗅いだら、ごく普通の男性体臭だと思いますよ。

 

 

 

 

円満なご夫婦の奥さんもやはり「夫の匂いがたまらなく好き」との事。「あの匂いは他の人には理解できないと思う」と。

  

 

f:id:otonann:20170223142632j:plain

 

 

 

生活習慣やホルモンバランスで変わる「加齢臭」とは別の問題で、もとから持っているその人の匂いだと思うんですよね。 

 

 

記憶に新しいのは、大橋巨泉さんを亡くした妻の寿々子さんが「ただただ寂しいです。入院中に主人の着ていたものを洗ってしまい、”これが主人のにおい”だというのがあまりないんです。それなら綺麗にしなければよかった。」 とおっしゃっていたこと。何となく分かる気がします。

 

 

女は命を産み落とすので匂いに敏感なんでしょうか。

そのあたりちょっと調べてみました。

 

 

なぜ他人に理解されない匂いなのか

 

f:id:otonann:20170223141058j:plain

 

 

生き物は自分の遺伝子を残す為、本能的に匂いを選ぶ説があるようです。

自分とは遠い遺伝子をもった人の匂いが好きという考え方。ということは、人それぞれ好みが分かれるということですね。

 

 

生物には自分の遺伝子を多く残したいという、本能的な欲求があります。そのためには数多くの子孫を残すことも大切ですが、病気に強い子孫を残すことも重要です。

人はそれぞれ、免疫的に強い部分と弱い部分を持っていますが、もし自分と遺伝的に遠い相手と結婚して子孫を残すことができれば自分の強い部分に加え、相手の強い部分も兼ね備えた丈夫な子孫を残すことができます。

 

そのため、無意識のうちに自分と遠い遺伝子をもった人の匂いを良い匂いと判断するのです!

 

引用: ニュースと共に生きる

 

 

 

遺伝子が近いから「お父さんの匂いが臭い」と言う娘さんが多いんでしょうか。

私の場合、父の匂いを好き嫌いというよりも「これが父の匂い」と認識している感じ。気持ちとしては古民家の家の匂いを嗅いだ時の、どこか懐かしい感覚に近いです。匂いの種類はまったく違いますが。

 

 

 

そこで、実際に遺伝子が本能的に匂いを選んでいるのか実験したそうですよ。

以下に少し書きますね。

 

 

匂いで相性を調べた「Tシャツ実験」

 

f:id:otonann:20170223135601j:plain

 

 

スイスの動物学者が、匂いの遺伝子相性を実験したそうです。

 

ある条件のもとで、44人の男性に2晩同じTシャツを着て寝続けてもらい、49人の女性にそのTシャツの匂いを嗅いだ反応を調べるというものです。この時の女性は嗅覚がさえる月経周期の真ん中で行うというもの。

 

 

 

その結果、女性が「好き」と選んだTシャツは「女性の遺伝子パターンより一番遠いパターン」を持つ男性のものだったそうです。

 

 

▼詳しくはこちらへ 

www.genefuture.co.jp

 

 

フェロモン香水効果

 

じゃぁ、その遺伝子の中に媚薬的な要素があるんじゃないか!?

・・・と思いますよね。それらを抽出出来たら、世の中大変な事になりそうです。

 

その考え方に近い「フェロモン香水」というものが出回っていますが、化学的にはなんの根拠もないそうです。そういうものは無いほうが良い。危険すぎますからね。

 

 

 

ただ、その香水をつける事で自信がついて積極的になれるという「プラシーボ効果」は得られます。信じる者は救われるという感じ。スポーツや医学にもプラスの方向に向かう事があるので、使い方によっては効果的かもしれませんね。

 

karapaia.com

 

 

最後に

 

f:id:otonann:20170223134915j:plain

 

 

自分といちばん遠いパターンを持つ遺伝子を、本能で嗅ぎ分けているとしたらスゴイ事ですよね。

 

そいえば、野生動物が発情期だけに出る匂いを嗅ぎ分けて交尾するというのを聞いた事があります。植物も昆虫が好む香りを発して子孫を残しますもんね。身の回りの自然界でも匂いは意味があるように思います。

 

 

 

ただ、男女の相性は匂いが100%とは言えない事が分かっています。先ほどのTシャツ実験のように、匂いで良いと感じた異性とお見合いさせたところ、全員が結ばれたわけではなかったそうです。(海外にそういうお見合い会社があるんですって)

 

その人の性格や生い立ち、考え方など色々な要素も同じくらい大きいですからね。色々調べたけれど、相性と匂いの関係は目安程度に考えたほうが良さそうです。

 

 

簡単に1行でまとめると・・・ 

ペットは「癒し」、異性は「心地よさ」というところでしょうか。愛犬の匂いはアロマの香りで癒される感じに近いかも(ウットリ)。

 

 

 

<関連書籍>