おとなんつづり

ほっと一息、大人世代あれこれ。心豊かな暮らしを目指しています。

逆境に強い人は愛が深いのかもしれないと思う事。


 

辛さを知っているからこそ人に優しく出来るのかなぁと思う事がありました。

先日、福祉車両タクシーを使って感じた事などのご紹介です。

 

f:id:otonann:20161222161438j:plain

 

 

 

 

福祉車両タクシーを使って思うこと

 

f:id:otonann:20161222142344p:plain

出典:トヨタウェルキャブ(福祉車両)ウェルキャブ選びサポート

 

 

 

先日、義母の外出に車椅子で乗れるタクシーを使いました。

 

後部座席部分が大きな空間になっていて、そこに車椅子が入るような感じです。

スロープで車椅子を乗せて特別なバンドでしっかり固定。

お迎えから固定までの早さったら素晴らしくて。

揺れの負担も軽減してくれる仕組みになっているようでした。

 

こういう車ってどうやって作られるんだろう・・・

 

 

ちょっと調べてみたら、車椅子の方に優しい仕様の福祉車両がありました。

知れば知る程に温かい気持ちになったんです。

 

 

TOYOTAウェルキャブ(福祉車両)

 

私が利用したのは、後部座席に車椅子のまま乗り降りできるタイプ。

TOYOTAウェルキャブは、他にも色々なタイプがあるようです。

 

 

f:id:otonann:20161222142928p:plain

出典:トヨタ ウェルキャブ(福祉車両)カーラインナップ

 

 

 

長距離乗車時の座り心地を重視される方向けもありました。

上の画像のようにシートが外に出せる仕様もあるんですね。

ストレッチャーも搭載可能になっていたり、同乗者への配慮もあって。

乗る人の立場で開発されているなぁという感じ。

 

国内自動車メーカーで最多の車種と仕様・タイプなんだそうですよ。

試乗車検索やパンフレット請求もできます。

 

 

 

▼詳しくはこちらへ

 

 

トヨタオリジナル車いす「ウェルチェア」

 

f:id:otonann:20161222152837p:plain

出典:トヨタ ウェルキャブ(福祉車両)  ウェルチェアとは

 

 

福祉車両に合った車椅子も開発されています。

目線や視界の配慮や、車いすを固定する時の介護者の負担も軽い。

 

 

 

中でも1番いいなぁと思ったのが座面の角度。

振動や揺れによるお尻の前すべりって、普段の車椅子でもけっこうあるんですよ。

先日、義母がそれで転倒してしまいました。

 

車だとカーブやブレーキでいっそう負担大きくなりますからね。

こういう角度なら揺れも減りますね。すごい!

 

 

f:id:otonann:20161222153512p:plainf:id:otonann:20161222153522p:plain

出典:トヨタ ウェルキャブ(福祉車両)  ウェルチェアとは

 

 

 

 

▼詳しくはこちらへ

 

 

こんな優しい目線で開発できたのには、理由がありましたよ。

深い愛がそこにはあったんです。 

 

開発者の中川さんは逆境を超えた人でした。

 

 

 

逆境をプラスに変えた人

 

TOYOTAウェルキャブ(福祉車両)開発担当「中川茂」さん

 

トヨタで充実した日々を送っていた中川さん。

そんな時、生まれた娘さんが脳に障害を持っている事が分かったそうです。

夫婦で思い悩みなかなか立ち上がれず、将来の不安でいっぱいな状態。

 

会社を辞めようか・・・。

当時、中川さんは生産技術・内装設計が担当でした。

 

 

そこで目線を変えた中川さん。

「我が家と同じ境遇の家庭」のために「役立つ車」を作ろう!と決意します。

 

ここがすごい!!!

だって、内装設計部門から開発部門って全然違う。畑違いですからね。

私ならきっと辞めてるんじゃないかな、と。

 

異動届を何年も出し続けて、ようやく叶ったそうです。

その後、今は福祉車両といえば中川さんという存在になりました。

 

今やウェルキャブ・シリーズ一筋15年のベテラン。

徹底した現場主義で、精力的に介護・福祉の前線取材をずっと続けているうです。

 

 

 

▼中川さんスペシャルインタビューはこちら

 

TOYOTA|ウェルキャブ(福祉車両)

 

Harmony DIGITAL:開発者に聞く:ウェルキャブ

 

 

 

最後に

 

どんな人にも辛い事や合わない事ってあります。

それをプラスに変えて、自分だけじゃない誰かにも役立てるっていいですね。

 

 

私の仕事選びは、生活に合わせて妥協してきました。

ここの給料なら何とか生活できそうって『出来そうな事』を条件にしてきたんです。

だから、こんな風に明確なビジョンに向かって挑戦してる人って尊敬します。

 

そんな私もようやく自分の道を歩き始めたところ。

これからは自分らしく穏やかに生きよう!

まだ明確なビジョンかどうかは怪しいけれど。なんとか頑張ってみよう!

そんな風に元気づけられました。

 

 

 

 

辛い経験は痛みが分かるという事。

 

逆境じゃなくても。

自分にとってマイナスな部分をプラスに変えられないか。

短所を長所に考えてみるのも良いんじゃないか。

そんな風に思えたのでした。

 

 

読んでくださってありがとう。 

 

 

オトナンでした~。

ではまた (╭ರᴥ•́)