読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなんNOTES

犬を愛する主婦が穏やかな暮らしを目指すブログ

電子レンジと魚焼きグリルで「焼きりんご」。短時間で作れる簡単スイーツです。

食べもの

 

柔らかくなったリンゴをどうしようかと思っていました。

のんびり息子と天パパパさんの記事を参考に「焼きりんご」を作りましたよ。

とても美味しかったので、魚焼きグリルでも挑戦してみました。

 

 

f:id:otonann:20170201145429j:plain

 

 

 

 

はじめに

 

去年の暮れにりんごを箱で頂きました。

食べきれず数個だけ残ってしまい、捨てるには勿体ないと思っていたんです。

 

そんな時、愛読させて頂いているのんびり息子と天パパパさんのブログに、電子レンジで作る「焼きりんご」の記事がありました。

 

▼こちらです

 

おぉ~これは美味しそう!

しかも、レンジで10分との事で簡単そうです。

 

 

 

早速作ってみました。

電子レンジと魚焼きグリルの2つのパターンで作りましたよ。

(TOP画像はイメージです。こういう形も素敵ですね~。)

 

 

電子レンジで作る

 

詳しい作り方はこちらをご覧になってくださいね。

▶レンジで簡単!焼きリンゴのアイス添え【手作りスイーツ】 - のんびり息子と天パパパ

 

 

①リンゴの芯をくり抜く

 

f:id:otonann:20170201150507j:plain

 

リンゴを皮のまま、まるごと使います。

スプーン等で芯をくりぬきます。もう柔らかくなってるので簡単でした。

追記:

貫通させない方が後で入れるバターが流れずりんごが柔らかくなると思います。

 

 

今回使う調味料は「バター」と「てんさい糖」。

我が家はてんさい糖をお砂糖の代わりに使っています。白砂糖でもOKですよ。

それぞれの量は、上画像の黒いお皿に乗っているくらいにしました。

 

※てんさい糖についてはこちらへどうぞ(ページジャンプします)

 

 

 

 ②バターを入れ、てんさい糖でフタをする

 

f:id:otonann:20170201150903j:plain

 

バターとてんさい糖を入れたら、ふんわりラップをかけて電子レンジへ。

ふんわりかけるのがコツだそうです。

水分が出るので、深めの耐熱皿で作った方が良いですよ。

 

 

③深めの耐熱皿で600W6分ほど加熱する

 

f:id:otonann:20170201150908j:plain

 

2、3分で香りがしてきました。

思ったよりも沢山の水分が出ましたよ。

柔らかくなれば完成なので、加熱時間は様子見てくださいね。

 

 

④完成です(^-^)

 

f:id:otonann:20170201151114j:plain

 

 

食べやすくカットして、アイスクリームを添えました。 

 

ん~っ!美味しい!!!

 

これは来客時にも喜ばれるスイーツだと思いました。

リンゴ1つで数人分のおもてなしが出来ます。

シナモンやレーズンがあったほうが美味しさが増すと思います。 

 

 

 

魚焼きグリルで作る

 

①りんごの芯をくり抜き、厚めにスライスする

 

f:id:otonann:20170201151504j:plain

 

こちらも皮のまま使います。

使う材料は電子レンジの時と同じで、調味料は少なめに。

 

 

半分にカットしただけではなく、底を平らにして厚めにカットしています。

半分のままだと柔らかくなるまで時間がかかるし、焦げると美味しくありません。

▼横から見るとこのくらいで挑戦。

f:id:otonann:20170202135205j:plain

 

 

 
 
 ②バターを入れ、てんさい糖でフタをする

 

f:id:otonann:20170201151506j:plain

 

芯の部分に入れる工程は電子レンジと同じ。

くぼみに入れるだけです。

 

 

③クッキングシート+ホイルで包む

 

f:id:otonann:20170201150456j:plain

 

f:id:otonann:20170201150457j:plain

 

f:id:otonann:20170201150459j:plain

 

汁が出るので、大きめのシートに2重にして包みました。

魚焼きグリルなら多少下にこぼれても安心です。

 

 

④中火で20分ほど加熱

 

f:id:otonann:20170201150502j:plain

 

炎がホイルに付かないよう、焦がさないように様子をみてくださいね。

だけど、あんまり弱火だと柔らかくなりませんでした。

時間があるようならもう少し長く加熱した方が良いかもしれません。

受け皿にお水をはるのを忘れずに。

 

 

⑤完成です(^-^)

 

f:id:otonann:20170201150504j:plain

 

 

電子レンジの時よりも、シャリっとした食感の柔らかさになりました。

ダイス状にカットできる硬さ。

プレーンヨーグルトに入れても美味しかったです。

 

もっと加熱すれば柔らかくなるのかな?もっと薄くしても良いのかな?

蒸らした方が良いんだろうか・・・。

より良い方法を見つけたら記事をアップしたいと思います。 

 

 

白砂糖の代わりに「てんさい糖

 

 

 

私はいつも、白砂糖の代わりに「てんさい糖」を使っています。

 

てん菜はビートや砂糖大根とも呼ばれていて、日本では北海道のみで栽培です。

コクがあって照りも良い、大好きな調味料のひとつ。

特に煮物が美味しくなるように思います。飲み物に入れても美味しいですよ。

ビフィズス菌を増やすオリゴ糖を含んでいます。

 

f:id:otonann:20170201162223p:plain

出展:てんさい糖|ホクレン

▶てんさい糖の取り扱い店はこちら

 

  

最後に

 

今回はのんびり息子と天パパパさんのブログ記事を参考に、焼きりんごを作りました。

美味しく出来ました。ありがとうございます!

  

▼こちらです

 

電子レンジと魚焼きグリルの両方で試してみたところ、やはり電子レンジの方が中から加熱するので柔らかく、甘さもまんべんなく出来たように思います。

シャリっとした硬さが欲しい場合は魚焼きグリルも良さそうです。

 

柔らかくなったりんごを美味しく頂けてとても嬉しいです。

簡単なので、ぜひどうぞ。

 

 

 

読んでくださってありがとう~

オトナンでした。

ではまた (╭ರᴥ•́)☆

 

 

植物に関するブログも書いています。

▶Grimo[ぐりも]|グリーンをもっと。優しいガーデニングスタイル。