おとなんつづり

オトナになっても純粋に。硬い心を柔らかくする為のブログ。

好きな中華料理屋さんほど床がベタベタしている

私の街は中華料理屋さんが多くてよく出掛けます。

高級店も良いけれど、料理人がチャーハンを炒める音が聞こえてくるような、小さいお店が好きです。美味しい!って思うお店は、たいてい床がベタベタしてるなぁと思うんですよ。

 

 

料理人が自ら接客する店はやさしい味がする 

 

朝から晩まで厨房で油を使うお店は、営業中に床を拭けませんね。

油脂除去マットという、靴裏の油を吸収する便利なものがあるようですが、導入していない小さなお店もあります。毎日繰り返される油の酸化と硬化で追いつかないのでしょうね。

 

ベタつく理由として考えられるのは3つあると思うのです。

 

  1. 掃除が行き届いていない
  2. 換気が悪い
  3. 配膳スタッフが厨房に入る、または料理人が自ら配膳する

 

 

1,2を完璧にしていても、3があるとどうしても床がベタつきます。

要するに、油が散ってしまった厨房の床を踏んだ靴で、客のいるテーブルまで来るからベタつくわけです。

 

私が好きで行くお店はこのパターンが多いんですよ。家族経営の小さいお店がほとんどです。チェーン店の場合はこれらを徹底していて、料理人と配膳スタッフをきっちり分けている事が多いですが、個人の場合はそうも言っていられない状況もありますよね。

 

料理人と客の距離が近いお店は嬉しい

 

厨房からテーブルまで来る=客の反応をダイレクトに感じ取ってくれるとも言えます。特に、料理人が直接お皿を運んでくるお店は大好き。だから私はカウンターが大好き。寿司屋もラーメン屋も空いていればカウンターに座ります。

 

だって、料理人の表情を見て頂けるとは嬉しいじゃないですか。そんな時、頂く側としては背筋を少し正して、じっくり味わう。表情の硬い頑固おやじでもいいのです。美味しかったら美味しかった!と直接伝えることが出来ます。すると、料理人は美味しい料理を提供しようとさらに頑張る。

そういうお店っていいなと思うんですよ。

 

  

床がベタつく中華料理屋さんでランチを頂きました。

 

先日も、料理人と距離の近いお店へ行きましたよ。

床がベタつく店として紹介するのも気が引けますから・・・名前はふせておきます。そんなのダメダメ不潔な証拠!と思う方もいらっしゃいますから。訪れたお店は、テーブルも壁も店員さんも清潔な印象ですよ。

 

今回頂いたのはこちら。

 

▼エビと卵の炒め物

 

f:id:otonann:20170907134514p:plain

 

 

エビがね、もぅ~ぷりっぷりなんですっ!

 

卵料理に卵スープというのは残念ですが・・・ま、全てのランチメニューに付いて来るものなので仕方ありません。このスープもトロミがあって薄味。とても美味しいです。ご飯の盛り方の大雑把さも良い感じでしょ。

 

美味しかった!ごちそうさま!

声高らかに伝えました。

 

 

 

そんなわけで、初めて入った中華料理屋さんの床がベタベタしてると、ちょっと期待してしまう私です。

涼しくなってくると、はふはふしながらの点心もいいですね~。