おとなんつづり

ほっと一息、大人世代あれこれ。心豊かな暮らしを目指しています。

同窓会で憧れていた女性に言ってはいけない話題 


 

いよいよ同窓会シーズン到来~。

今回は女性の立場として辛口オトナンでいきます~!

これからお話しするのは、ものすごい久しぶりの再会での場合です。

 

 

 

f:id:otonann:20161220225246j:plain

 

 

 

タイムスリップ気分に注意

 

憧れてた異性に久しぶりに会うってワクワクしますよね。

当時の面影が懐かしくて、タイムスリップした気分になってしまう。

つい調子にのって会話しちゃいますよねぇ。

 

お互いに未婚の場合は、恋に発展するかもしれませんし!

同窓会で再会して結婚まで至った人が2組いましたよ。

 

 

既婚者は会ったからどうなるって訳じゃないですが。

たとえ既婚者同士でも、ね。

過去の素敵なイメージが、音を立てて崩れる話題ってあるんです。

 

女性の立場から。ほんの少しお話しします。

気楽に笑ってご覧ください(^-^)

 

 

少女だったあの人も「大人の女」になっている。 

 

美魔女なんてのが流行ってますけども。

男性も女性も言える事だと思うんですが・・・

容姿の変貌は、その人の苦労度合いや生き方で変わると思うんですよ。

素材が良くても料理方法で味が変わるように。

 

で、よっぽど自信がある人は別として。

本当に何もしなくても美しい人は別として。

 

綺麗でいる為に必死だと思われたくない。

 

 

要するに・・・

頑張らなくても、じゅうぶんな素材を持ってる方が嬉しいわけです。

「若作りしてます感」を出したくない。

 

結果的に若作りに見えてイタくなってるとしても同じ。

本人はそんなつもりが無いことの方が多いです。

自分はまだまだイケると思って、当時の趣味のまま時代が止まっているだけ。

 

という、ちょっと面倒な女心なんです。

だからこんな言葉は気をつけてねってお話を。

 

 

言ってはいけない話題

 

家庭や仕事、今は何をしてるか等色んな話題があると思います。

ここでは実際に私が言われてガッカリした事を取り上げますね。

 

初恋の男性が来ていました。

実はお互いに両想いだったけど、純粋でうぶだった2人。

まぁよくある幼い恋の物語ですね。

 

 

 

実際に再会してみると・・・

容姿は年齢相応だけど当時の優しい雰囲気はそのままに。

話を聞くと、様々な苦労を重ねて温かい家庭を持っていました。

 

やっぱり素敵な人になってたのね~って、胸がキュンキュンしてたんですよねぇ。

私も既婚者で夫が1番大事な人。

そこから何か始まるって気は全く無いんですよ。

なんというか・・・過去の私に教えたい気持ちというか。

 

と、その時にガッカリな言葉が飛んできました。

 

容姿について

 

男性:「オトナンさん、髪の毛綺麗にしてるよね~」

 

・・・え。綺麗に「してる」?

「綺麗だね」じゃないよね「してる」って言ったよね、今。

(-_-;)

 

 

 

男性:「白髪染めてるの?」

 

(゚Д゚;)きたー!!!直球ストレート投げられた! 

もう私、微笑むしかなかったです。 

 

 

ショックポイントは・・・

私を綺麗だと思っての発言じゃないってところ。

その男性は薄くなるより白髪タイプだったんです。

だから髪の毛に目がいったんでしょうね。 

 

深い意味は無いし、こうして記事にするほどの事では無い些細な事。

だけどちょっとひっかかる。そこで思ったんです。

 

 

 

女性を褒めるときは

美の手段を聞いてはいけないって。

 

 

例えば、応用編として・・・ 

あんまり顔のシワが目立たなかったとします。 

「顔、綺麗にしてるよね。コラーゲンでも入れてるの?」

とか言ってはいけません。 

 

「綺麗だね(^-^)」でいいんです。

女性に慣れてる男性なら・・・

「思わず触れたくなる」などと冗談を付け足すかもしれませんね。

 

 

実際に白髪を染めてようが、染めてなかろうが。

コラーゲンを入れてようが、入れてなかろうが。

そんな事は関係ないんですよ。

 

女性同志の会話なら全く問題ないのになぜか引っ掛かるという不思議。

女ってめんどくさい生き物ですね。

 

 

プライベートは限度を考えて

 

もう1つ。大人ならではの会話で「下ネタ」ってありますよね。

お酒の席ではちょいちょい登場します。 

そこで、ちょっとひいてしまうのが「セックスレス」ネタ。 

 

大勢の前で冗談めいて言うのは良いんですよ。

隣で2人で会話する時、ちょっと困る。 

 

 

男性:「俺、何年もレスなんだよね。オトナンさんは?」

 

(゚Д゚;)!!!聞かれても困るし!

本当の事を言うと夫に対して申し訳ない気がするし!!! 

もしや誘ってるのでは! 

 

 

でも、話をよーく聞くと奥さんを大事に思ってる。

誘ってると思った自分が恥ずかしいじゃないの!もう!

 

これは女性の価値観によるでしょうかね。 

これまた、深い意味は無いんだと思いますよ。

本当に困っててぽろっと出たんでしょう。

 

下ネタを軽く笑い飛ばせる、頼もしい女性ならいいかもしれないですね。

もうちょっと同窓会の回数が多ければ、話を聞いてもいいかも。

 

 

女はいつまでも女

 

人はいつまでも少年少女でいられないんですよね。

男性も女性も、若い頃は服や化粧などで誤魔化せるけど。

年齢がいくほど、今日までの生活習慣が丸見えになっちゃう。

 

例えば顔の筋肉などは分かりやすくて。

ニコニコ笑ってきた口元は口角が上がって固まってる。

悪口や文句を言ってきた口元はへの字に固まってる。

 

 

自然に出てしまう、話し方や仕草もそうでしょうかね。

身体のお手入れや運動で実年齢より若く活性化されていても・・・

そういう積み重ねって誤魔化せないんですよね。

 

 

 

今回ショックだったのは、恋心があった男性だったからだと思います。

相手が単なるクラスメートだったらきっと何とも思わない。 

 

 

いいなと思っていた人には「綺麗」だと思われたい。

いつまでも「女」として見てほしい。

 

それが叶わなかったからショックだったんだとおもいます。

でもー!夫がいちばんすき!

 

 

 

・・・女ってほんとに面倒な生き物ですね。

 

 

じゃぁどうしたいんだ!と突っ込まれそうですが。

ちょっと本音を書いてみました。

 

読んでくださってありがとう。

ではまた (╭ರᴥ•́)